Year In, Year Out ~ 魚花日記
ロッドビルドや釣りに関する話題を中心に。クラシック音楽や本、美術館巡りに日本酒も。
 




三菱一号館美術館で開催中の「レオナルド×ミケランジェロ」展。

夏休みが近くなればなるほど混み始めると踏んで、開催早々、しかもFLEXで夕方早めに上がって行ってきたのだが、まぁ名残惜しいこと。

赤チョークや尖筆を使ったその素描はどれも繊細で細密。

結局のところ、平面的な画布や紙の上で立体や遠近をどう表現するか、その試行錯誤や研究の数々。紙面からその息遣いが聞こえてくるようで、鳥肌立ちっぱなし。


(レオナルド・ダ・ヴィンチ「少女の頭部/『岩窟の聖母』の天使のための習作」1483-1485年頃、トリノ、王立図書館蔵)


(ミケランジェロ・ブオナローティ「『レダと白鳥』の頭部のための習作」1530年頃、フィレンツェ、カーサ・ブオナローティ蔵)


(レオナルド・ダ・ヴィンチ「馬の後脚の習作/『トリヴルツィオ騎馬像』のための習作」1508年頃、トリノ、王立図書館蔵)

レオナルド×ミケランジェロ展
2017年6月17日~9月24日
三菱一号館美術館

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 7/9 投げ釣り A. A. フェア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。