紀行のきこう

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

本物のためになる情報に出会えてますか?

2016-10-12 | 心筋梗塞
1000人に1人位の割合で、重篤な事態が起こりうる心臓カテーテル検査を今日現在までに、累計5回受けましたが、ステント留置はしないで経過しています。

ステント留置しない最大のメリットは、飲まなければいけない薬の数が減ることです。
副作用に悩まされるリスクが多少なりとも、減るわけです。

心筋梗塞になって1年が経過しましたが、体調は良好です。次回の検査は1年後です。

全く不安がないわけではありませんが、今元気でいられるのは、やはりある先生との出会いが大きいと思ってます。

その先生の出会いから、本物のためになる情報を
知ることができたからです。

本物のためになる情報は、マスコミでは流されていないですから。

つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステント挿入による心筋梗塞... | トップ | 心筋梗塞、脳梗塞を防ぐため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。