神社めぐり大好き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合紀行ブログ

自らの心筋梗塞を契機に真島消化器クリニックの食事療法を開始!動脈硬化改善、心筋梗塞・脳梗塞予防のための方法を発信中!

脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ動脈硬化改善食(RAP食)の概要

2017-03-15 | 動脈硬化改善食(RAP食)
RAP食に関する最新のブログ記事はこちら


 動脈硬化改善食(RAP食)の概要

 【動脈硬化を改善するために食べない方が良いもの】

 揚げ物、油炒め、脂身の多い肉、脂の乗った魚、ギョウザ、ハンバーグ、牛乳、牛乳で作ったヨーグルト、
 チーズ、アイスクリーム、バター、マーガリン、マヨネーズ、おやつ、1日350ml以上のビール、
 その他のアルコール。

 【なぜ食べない方が良いのか】

 動脈硬化とは、血管内にプラークがたまっている状態のことです。脳梗塞や心筋梗塞へ一歩一歩近づいて
 いる状況なので、この状態をさらに進めないことが最優先です。そのために、プラークの元となる食べ物
 を食べないことが、動脈硬化改善へのはじめの大切な一歩なわけです。

 【動脈硬化を改善するために推奨される食べ物】

・豆乳ヨーグルト
  *私はこれを1日に2個食べてます。→http://www.pokkasapporo-/products/soymilk/soyafarm_yogurt/HJ96.html
・無調整の豆乳*調整豆乳は不可
・エビオス粉末or強力わかもと
・納豆
・豆腐
・味噌汁
・卵(1日1個)
・かまぼこ
・海苔
・漬物
・生野菜
・海藻類(トコロテン、メカブ、モズク)
・主食は白米のご飯
・ノンアルコールビール
・野菜ジュース、トマトジュース
・脂の少ない鳥のササミ、ムネ肉など

【まとめ】
 
 動脈硬化を改善して脳梗塞や心筋梗塞を予防するためには、動脈内にプラークがたまらないように、
 その元となる食べ物を食べ ないことが一番!
次にプラークを減らすための食べ物を食べることです。

RAP食に関する最新のブログ記事はこちら


動脈硬化改善食(RAP食)についての最新情報*長文ですからプリントアウトして読まれることをお勧めします!!
     ↓
http://majimaclinic22.webmedipr.jp/kanzenyobou/column1/29.html


・塩でも、煙草でも、肥満でも、運動不足でもない。元凶は、肉と砂糖!メタボ検診は無意味!「血管プラーク」があなたの突然死・寝たきり危険度をズバリ診断!予防も可能。08年9月衝撃の論文発表。

脳梗塞・心筋梗塞は予知できる
真島 康雄
幻冬舎



・フェイスブックはこちら、お気軽に申請をどうぞ。
https://www.facebook.com/noriyuki.kawai.39

・ツイッター(フォロー返しさせていただきます。)
https://twitter.com/StepFrom2007

・なんでもご相談ください。
メール→kawainoriyuki2017@gmail.com
フェイスブック経由でも可
ブログへのコメントでも可

・好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」

http://kasako.jp/about



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「動脈硬化を防ぐための簡単... | トップ | 真島消化器クリニック受診5回目 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL