FullMoon

適当に記録でもつけとくw
写真が多くなってしまい重くなるので
1記事表示にした。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サーチやツールバー削除 に使えそうな ソフト YAC

2013年09月07日 | PCソフト

追記を先に書いておく。  (いろいろ書き直してて まとまり無い部分もあるかもw)

いまごろ気づいたことなんだけど

YAC を 起動したときの通信に xa.xingcloud.com が現れる。

 

何か中国系の 繋がりがあるとみてもいいかもしれない。

それと IobitUninstaller のパワースキャンと ほぼ同じ機能を持ってるけど

Iobitの CEO が中国系の人っぽい名前であること。

画面の右下に出る フローティングウインドウが ほぼ Kingsoft であること。

こんなところで 中国のもののような気がしてならない。

YAC自体は いろいろなメーカーと提携してるみたいな感じらしいので

いろいろなソフトの 良い部分 を合わせているだけかもしれないけど。

 

念のため YAC の全てのファイルを VirusTotal で全てスキャンしてみたけど

(写真を撮っておいたのに リカバリと一緒に置いてきた。。。w   ようは忘れてきたww)

いくつかのファイルが 1件とかヒットしたものの とくに危険な感じはうけなかった。

ただ Iobit のMalwareFighterのような 起動するたびに 通信は発生してるようではある。

 

YACは アドウエアなど 消しやすくていいけど

やはり インストールしたままにしておくのは 少し注意かなと。

個人的には 悪いソフトだとは思わないけど 中には悪いという人もいたりするし。

あとは自己判断なのと これを必要とするような 悪性なゴミSoftを取り込まないことだ。

たまに試しているのは 「怪しい点が無いか?」を知りたいというのも理由。

追記 ここまで。        また何か分かれば 追記する。

 

 

注意点一つ。

このソフト 中身が 頻繁に変わるので 外見などが 微妙に変わってることが多い。

最近(2014年になって)から入れたときは Unstall の方法が簡単になってた。

項目名なども 微妙に変わるけど 基本の操作は 最新のものも たいして変わらないとは思う。

 

 

少し 書き直しした。

必ず、下記サイトより Download するといい。

yet_another_cleaner    www.yac.mx

デジタル署名が この写真のもの。

いろんなサイトで 配信してるようなので 気をつける。

isafe virus removal setup の名前で このようなサイトに出てくるので注意!

Windows8Downloadとか言うサイトとか soft32.comというサイトも アヤシイ ので気をつける。

現在は YAC yet_another_cleaner が正しい名前なのかな。

 

ついでなので 今現在のYACを 入れてみた。 気づいたことは

ホームページの設定項目から V9.comが消えている。

この記事で 書いてあったかと思うけど 前に入れたとき(たぶんisafe virus removal)は

ここに V9.comがあり 強制的に Topページ設定されたりした。

それで今回は Bingに設定してみたら ちゃんとTopとサーチがBingに設定された。

V9.comは 悪性らしい?ので 注意したほうがいい。

 

この問題があるから YACを使用後に 削除推奨していたんだけど

かえって これなら知らない人は YACを入れておくことで(Protect機能により)

間違って(知らないで)アドオンを入れてしまっても 阻止できる可能性があるので

インストールしたままにしておくのも いいかもしれない。

ただし デフォルトのままだと Topページを白紙に強制で設定されるかと思うので

その設定だけは 自分で しておくといいかも。

 この設定については Search は あらかじめ数種類の中から選べるのみ

Topページのほうは 好きなURLを打ち 決めることも出来た。

 

 YACの停止 方法について。

基本 停止不可。 Windowサービスにて 実行されるように出来ているので

isafeService を スタートアップ無効に設定し PCを再起動させないと 停止できない(再ログインでは不可)。

再度 実行するときは isafeService を スタートアップを自動にし 開始すれば 起動される。

(PCの再起動は 必要ない)

書き直しは ここまで。

 

 

 

先に、気づいたことは 例えば アドオン名や ツールバー名が分かる場合に、

www.yac.mx/en/guides/ の後ろに そのアドオン名などいれた文字列で検索かけると

www.yac.mxのページが出ることがある。 例:www.yac.mx/en/guides/ Delta Serach などで。

その場合にはiSafeが削除対応してると見ていいかも。 (英語なので翻訳アドオンなどを使う)

このwww.yac.mx/en/guides/ は いろいろ情報が出てるので 具体的にそのモノを知るのにいいかもしれない。

ウイルス関係も出てるけど どの程度 駆除能力あるのかは気になるところだけど。

 


※ iSafe AntiVirusという 偽ソフトが存在してるようなので注意!

http://remove-malware.net/how-to-remove-isafe-antivirus/

これはウイルスなので 入れないように注意すること。




最初、使えないなと思い ボロクソ書こうかと思ったけどw  けっこう使えてた^^;

※ URLは http://www.yac.mx に変わった。

ソフト自体は Servicesに常駐したりするので 入れておくのは勧めないけど

ブラウザ関係の 修復力はそれなりだと思う。

 

 

ダウンロード時 怪しげだけど

Freeなので ソコは我慢ということでw

 最近は yet_another_cleaner というファイル名に変わった(2013 11月 現在)

 

 

とりまw 誤出演の面々ですw

少ないなw もっと入れれば良かったかな。。。^^

 

 

IE の アドオン。

7個が削除対象ね。  Dragonに1つ。  Torchには5個ほどアドオンが入ってた。

今回は、ChromeとFoxは入れてない。

 

 

では 駆除してみよう。    (ブラウザは 全て閉じておき、 ネットに関しては 今回は繋いだままで 作業を行った)

iSafe(YACに改名) を起動し、写真のPlug−inのところを開き、FlashとAdblock以外はいらないので

あとの全てにチェックを入れる。    今回は  11個  が削除対象 ということ。

チェック入れたら 右上の Cleanup で削除される。  あまりに簡単で早すぎて

削除されたのか 気になったけど 一応 すべて消えた。

 

 

削除後の写真。  プログラムのほうは まだ削除していなく そのままなので ここでは少し残ってる。

IE は AppsHat のみ。  これはプログラム一覧に出るものなので アンインストールで消えるもの。

 

 

つづいて Torch は3つ。

ここで半分 機能自体はしてるかは分からないけど。

 

 

 

Dragon は 毎度の通り  1個だけw

これ自体 機能すらしてるのか ほぼ分からないけどw

 

 

 

ここで プログラムのアンインストールのほうを行ってみた。

削除してよいのか? の判断だけは自分でしないといけない。  分かるものは全て削除する。

 

削除の後。 

この時点で 残骸を 集めてみた。

これ全部 ProgramDataフォルダと ユーザーフォルダ内のAppData内から集めた。

Programフォルダからは  今回は 一つも見つからなかった。

 この中で Google と Mozilla のみ 中にアドオンのファイルが残ってた

 

 

ここでPC再起動し アドオンで残っているものを確認してみる。

IE のTOPページは 白紙に変わり 全てのアドオンが消えていた。  サーチも消えてた。

このソフト 馬鹿にしてたけどw  けっこう使えそうだ^^w    (TOPページだけ設定しなおす)

 

 

ここへきて Spyhunterで検査してみる。

少し残っているけど ほぼ無害であると言えそうかな。  たいしたものだ。

件数的に見てかなり少ないようだ。

これらは削除したほうがいいけど ムリにレジストリを触れない人は そのままがいいかも。

うまくいけば PC再起動を繰り返すうちに レジストリクリーナでゴミ扱いになる可能性もある。

 

 

気づいたこと。

最初に6個ほど適当にインストールしたら  なぜか失敗したり

IEのアドオンに出てこなかったりした。

そこで iSafe(YAC) を停止して Servicesのほうも止めた上でインストールしたら出てきた。

(isafeの名前のときは Serviceを停止できた。YACはService停止には PCの再起動が必要)

もしかすると、これを入れておくと インストールに失敗したり 動き出さない可能性はあるかもしれない。たぶんProtection機能によると思われる。

iSafe(YAC)は プロセスに常駐するので アドオン等を「駆除したいときにだけ」入れるほうがいいとは思う。

 

IEのTopページも戻されたから けっこう使えると思う。 下手な駆除ソフトより 勧められると思う。

また他のをいろいろ入れて 試してみたいソフトだ。

 ひとつ問題なのは アンインストーラーが無いアドオンの場合に、プログラム一覧に出てくるか?の疑問はあるかな。

その場合は レジストリを調べるソフトで検査し、 手動でやるようになるかもしれない。

 

 

 追記。   Safe.v9.com

何気に 見たら SafeV9 というのがあったので 検索で調べると Safe.v9.com Redirect Virus というのが存在してるらしい。

YAC (iSafe) とは関係ないと思うけど 一応 チェック入れて 検索を Safe.v9.com にして 普通に検索してみると Googleの検索結果にて 表示されるだけだった。

この BrowserProtect の項目は 触らないほうがいいと思う。

駆除の目的で このソフトを入れたら 駆除作業を終えた時点で 削除するのがいいと思う。



YAC アンインストールについて。

2014年に入ってからは Uninstall が もっと簡単になってた。

とりあえず  これが面倒くさい版 ということで。

最初の画面で 「Uninstall YAC」をクリックし Uninstall を押して 開始する。


次の画面で

Idont〜  にチェックをつけて Uninstall で 削除開始される。


iobituninstaller を使ってる場合は パワースキャンも行う。

パワースキャンを行わない場合でも  インストール先のフォルダと

ユーザ名\AppData\Roaming 内の 「eCyber」 と 「isafe」 この2つのフォルダ、

合計 3つのフォルダ を削除すれば残骸は ほぼ消える。





 

ついでに ゴミなブラウザも見つけたので 写真処分も兼ねてw 記録しておく。

ごみを まとった Jet ブラウザーw

 

 

初期登録の アドオン軍 (ここは一応、 軍 としておいたww)。

多すぎて写真を並べたw  アホかっってくらい重装備;    なにをするんだよ こんなに入れて^^w  ;;;;

コレ ゴミどころか あぶなっかしいアドオンばっかなのね。 なんの目的なんだ;;。

SpeedAnalysysだの Feedbackだの 素晴らしいモノなのねw

 

 

アホらしくビックリしたのが コレw。  Youtubeでエラー表示が出たっ!

Youtube の Topで ad.doubleclick.netをブロックしていることが原因で このようなエラーを吐いたブラウザは初めて;再生では問題ないが。

 これ見た瞬間 何を表示したいのか?それを受け入れて何を表示するのか? アホらしくなったw

ad.doubleclick.netをブロックしている人は 使用資格が無いようですね。

まあ。。。いらないからいいけど^^w  プっ    以後    二度と見ない    ブラウザの 誤 紹介でしたw。

 ん?いま見てみるとURLが Jetになってる? ってことはYoutubenoTopで何かを表示しようとしてるのだろうか?

まあ それ自体 が どーでもいいことけどねw

 

中身は Chrome で やたら変な設定をし(サーチの変更ができないなど)ゴミOptionを重装備してる。というのが感想;。

サーチ変更は Aboutコンフィグとかで出来るのかもだけど それ以前の問題だな;;。

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
アンインストール レジストリ ツールバー コンフィグ インストーラー ファイル名 デジタル署名
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« Comodo TimeMashine の エラーなど | トップ | 広告表示 アドウエア 「Tanzuki」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。