Was looking at the Summer

二十歳を皮切りに再びブログを始めた福島県から埼玉へ移り住んだ若僧の綴文

「逆パカ」も死語になりつつある

2017年05月16日 | 雑記
あぞ




今さらながらゴールデンウィーク中にあった事を書こうと思う。



まぁやっぱり一番の出来事は前に言っていた熊谷市の温泉へのお泊り。




温泉へのお泊りと書いてますが、厳密に言えば銭湯のある施設でのお泊り。
もっと言えば、お泊りと言っていますが行った所は旅館でもありません。



最近テレビでたまに特集される事のある、俗に言うスパリゾートですね。





正直最初は行くのちょっとだるかったのですが、到着して1時間後にはもうぞっこんでしたね。



居心地がかなり良かったです!





今回訪れたのは「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」という所で、オープンして間もない時だったので客がわんさかいましたね。






まず最初はお風呂。月1で銭湯に行ってるお風呂好きの俺が満足するお風呂でしたよ。

外のお風呂、特に木でできた浴槽のお風呂は気持ちがいいものでしたね。




一緒に行った会社の人がどんどん先に上がる中、俺は1時間もお風呂に浸かってました。
後に「お前風呂なげーよ」って何回も言われましたね。





入浴後、専用の服に着替えて別室へ移動。



専用の浴衣でしか入れない部屋では、大量の漫画、ネット、テレビ、マッサージチェアなどが備わった超ぐーたらゾーン。






もうこの部屋の居心地が快適すぎてね。本当にもう。




漫画はジャンプとかサンデーの有名どころは勿論、ちょっとマイナーな漫画まで結構な数があったので、大抵の人は読みたい漫画があると思いますね。


俺は金田一とばらかもんをずーっと読んでましたよ。



難点はあれ、漫画を読んでいて次の巻を取りに行ったら誰かが持っていってて続きがすぐに読めなくなってしまうことかな。
ってか今更だけど、なんで1巻からじゃなくて途中の巻だけ持っていくんだよ?
俺が6巻読み終わって7巻取りに行ったら何故か7巻だけが無いのよ。

これって確実に嫌がらせでしょ?ねぇ




まぁそんな事はあったけど、漫画を読みながらマッサージチェアで癒されて気づけば時間は午前3時。




流石に眠くなったのでここで寝落ち。




旅館ではないですがお泊りと言ったのは、入館した翌日の朝まで居れるからなのです。



そんで朝7時過ぎに起きて帰宅。




お風呂とぐーたら部屋の利用で確か1200円ぐらいだったかな?

ただ今回は深夜ずっといてお泊りしたので、深夜料金が発生して約2500円。




2500円でこれは安いと思いますね。




超絶ぐーたらしたい時にはまたここに行きたいですね。



時期的に7月頃に行こうかな。
7月に3連休あるから、その休日に入る前日に行ってぐーたらしたいなー。はふーん。








そんで結局これがゴールデンウィークの1番の出来事でしたね。




他になにかあったかと思い返せば、個人的にはかなりテンション上がったので、ラウワンのS字フックのクレーンゲームで1発でレッドブルをすくい上げたことですかね!

今までS字フックのクレーンゲームは何度かやってきましたが、ことごとく玉砕。1度も成功したことがなかったのですが、同期と一緒に挑戦したみたら意外や意外、1発で成功!
ひっさびさにゲーセンで嬉しくて声出ちゃいましたねw

嬉しくて思わず写真をパシャリ










ちょっとわかりづらいかもしれませんが、宙に浮かぶ一本のレッドブル。



他人から見たらすんごい些細なことだと思いますが、俺にとっちゃあこんな事でも嬉しいんですよ。




こんなしょうもないような事でも嬉しいと感じられるのはまだ健全な証ですかね。









そーいえばゴールデンウィーク中はマジアカ2回しかやってないな。

ちょっと本腰いれて今週末はマジアカに励んてきます!
レベル上げ頑張んなくちゃ!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 案外QUOカードって勝手が悪い | トップ | ダウンタウンDX見ると大抵勝... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。