あんずのつれづれ日記。

日々のささやかなできごと&鳥や猫との暮らしを綴った
のほほん画像日記です♪

嵐のような一日。

2012-03-31 16:29:06 | 日記


土曜日はまさに春の嵐。
ベランダの鉢は激しく揺れるわ、
モノは吹き飛ぶわ、まるで台風でした。

これに比べたら春一番なんてカワイイモノよ。
交通機関にも影響が出たようです。

そんな土曜日、下の階のご夫婦をお招きして
懇親会を開きました。
懇親会、つまり酒盛りですな。
連れ合いが時間を1時間間違えて、
『せっかく温かいもの作ったのにぃ~』と
先方電話の向こうで少々ムクレ気味ぃ~。
でも、20分ほど待って貰って無事にスタート。
4時半に始めて8時半まで。
食べて飲んで聴いて喋って。
時間が経つごとにメートルが上がって行き、
楽しい宵でした。

 

↓出て来るタイミングを計っていたかのよう。
今年もちゃ~んと山椒の芽が顔を覗かせました。
 

 

↓ちょっと油断したら・・・京菜が菜の花風に。
 

 

↓嵐のような悪天候、逆にこんな日だからこそ、
猫の様子が気がかりで・・・。
シロたちは3匹とも床下にいました。
土埃で水の器もご飯の器も泥だらけ。
セイとミケは2匹ともどこに避難してるやら、
姿見せず。

こんな強風の日は遊歩道もさすがに人の姿なし。
  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猫特集。

2012-03-30 15:05:24 | 


今日のシロちゃん、食欲が戻ってました。
ミニですが、缶詰も1個丸々完食。
カリカリもいつもの倍ぐらい食べました。
鼻づまりだけは なかなか治りません。
息苦しそうに鼻・・・グフッ、フゴッ。
それに、ご飯を食べた後、
左足を舐めたら赤かった!!
血・・・
目ヤニの血? あるいは鼻血が口の中に?
本人は気にするでもなく
じっとうずくまってましたが・・・。


下の画像は昨日撮ったものです。
何とはなしに他の2匹と違和感なく
とけ込んでるでしょ?


↓拗ねたようなお口は いまやシロちゃんのチャームポイント。

↓ちょい近付いてみても、やっぱり お口、ムスッ。

↓丸いサングラスかけたブチ君。カッチョイ~。


↓サクラちゃんて、トッポイ表情することあるのね。



↓あらら、半分寝てんじゃない?

↓寝てないよぉ~。

シロや、ご飯いっぱい食べて、
早く鼻づまりをスッキリさせようね。

↓は、はいっ、頑張って食べるデスぅ。



↓シロたちのすぐ近くで咲き出したのは・・・

トサミズキだっけ?



↓トウの立った野菜と梅の花。
のどかですねぇ。

 

↓今日のブランチはバタートーストと冷やしうどん。
うどんは撮り損ねたよん・・・。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの来客。

2012-03-29 11:37:49 | 日記

 
昨日の午前中、近所のお友だちが遊びに来てくれて、
久しぶりにお喋り。
こんなに近くに住んでいながら、
顔を合わせる機会ってなかなかないんですよね。
近いからいつでも会えると言う
安心感もあるのかもしれないけど

スポーツクラブで鍛えてらっしゃるだけあって、
スリムでしなやかなプロポーションは相変わらず!
3月も末というのにこちらはハイネックのシャツに
カーディガンというボテボテ姿。
E子さんはお洒落な半袖姿!
ああ、私も身軽に颯爽と風を切って歩きたい!
と思いつつも、一歩外に出ると風が冷たくて
またマフラーを取りに戻ったのでした。

↓E子さんに頂いたお土産。
みかんの皮の甘納豆って珍しい。
お嬢さんの旅行のお土産ですって。
ほろ酸っぱくて美味しいッ。

 

↓昨日のシロちゃん・・・。
動きが鈍く・・・元気なし。

↓手紙と一緒にカワイイ器が2個置いてありました。
ネコちゃんのために使ってもらえれば嬉しいです、と。
筆跡からして前に何度かシロのところでお会いした方だと思う。

 

 ↓帰りに見かけた手入れされた花たち。
ここのお宅はいつも玄関前が花でいっぱい。
ああ、春ですねえ。

 

↓これが最後の夕ご飯のアップになるやも。
ちょっと家庭内でごたごたプチバトルがありまして、、、

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫♪

2012-03-28 14:10:53 | 日記


3月も末。
一気に春めいてきました。
このまま暖かくなってくれるのか、
いや、朝夕の風の冷たさから推して、
そうはいかないだろうな。

シロちゃん、昨日はぽかぽか陽気だったのに、
ちょっと元気なかったです。
行ったときは床下に潜ったまま。
ご飯もいつもの半分ぐらい。
食後は陽のあたる場所に出て来ましたが、
シロの体調が思わしくないと、
どうも気になって帰りそびれると言うか、
後ろ髪引かれます。

そんな気持ちを吹っ切るように
シロのところで一緒になったMさんが
『大きなこぶしの樹があるのよ、観に行きませんか』
と誘ってくださって。

 

↓見事なコブシの大木。
満開になると真っ白になって遠くからでも分かるそうです。

 ↓産毛がカワイイ。
これで耳かきしたら気持ち良さそう。
・・・耳に入んないわね。

 ↓ぼちぼち開き始めてる枝も。

 ↓ピンクの枝垂れ梅の華やかなこと。

↓三俣の花。

↓河津桜が咲いてました。

↓ソメイヨシノに比べると色が濃いッ!!!
桜というより桃に近い?あでやかさ。

 

 
↓そして、何とこんなところに孔雀が。
ここは何度も通ってる道ですが、
すぐ近くで孔雀が飼われてるなんて
Mさんに教えてもらうまで知らなかったよん。
前は10羽ぐらいいたようです。
狭い檻に入れられ、ストレスからか、
雛が孵っても育児放棄したり、殺したりで、
結局今はこの1羽だけになってしまったとか。
キミも・・・独りで寂しかろうねぇ。

 
↓高知産の文旦。いい香り♪ 
身を食べたあとはこの分厚い皮で
文旦の砂糖漬けを作ろうかと。
Mさんからのお裾分けです。
それにしても大きいなあ。
ミカンが小さく見えま~す。
ところで、文旦は普通はブンタンと読む
そうですが、
鹿児島ではボンタンと言ってます。
鹿児島土産のボンタン飴もそう。

 

新しい自転車を買いました。
アメリカのトレック社製。
21段変速。女性用です。
今乗ってるのより、かなり軽い。
保険とスタンドを付けただけで、
まだライトもありません。
荷物を入れるカゴもありません。
そのうち追い追い装備していくつもり。

一応私用ですが、連れ合いの自転車が
いつ壊れてもおかしくない状態なので、
あれが壊れたらこれに乗る筈です、多分。
この自転車は連れ合いが検討し探して買ってきたんだから、

私は今の安定感のある自転車に乗り慣れてるので、
ま、使われても別にいいんですけどね。

 

↓おまけは夕ご飯。
妹が薩摩揚げを送ってくれました。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

物乞い。

2012-03-26 02:42:22 | 日記

ゴミ置き場にゴミを出していたら、
後ろから
『すみません・・・』と呼びかけられました。
道でも聞かれるのかなと思い、はい?と振り向くと、
痩せて古びた衣類を着た人が。
多分ホームレスの人だと思う。

『何か恵んでくれませんか・・・』
たまたま貰い物のドリンク剤や
清涼飲料水が何本かあったのを思い出し、

飲み物ならありますが、と言うと
『すみません。小銭もあれば・・・』と辛そうに。

部屋に戻り、連れ合いに こうこうで、と説明すると
お菓子もあったな、とゴソゴソ。
小銭も、と言ってるけど・・・。
いやこういう場合、金は止めといた方が、と言うんで、
お菓子と飲物の入った袋を渡しました。


寝る場所もなく、ろくに食べてない人に乞われたら
何とかしたいと思うのが人情。
そう思う反面、毎日入り口でウロウロされても困る。
そうなると近所から苦情も出るだろうし。
ああ、自分のことしか考えない、こんな自分に嫌気がさす。
何て非情な人間・・・。
人に物乞いするにはよっぽどの覚悟が要ったろう。
中には図々しい輩もいるだろうけどね。

こんなときどう対応したらいいんでしょうね。
今でも気になって気になって・・・鬱々としています。
昔ならともかく、今の日本で物乞いをするしか
生きる道がない人間がいること自体、
貧富の差が拡大してるんだなあと
ため息が出てしまいます。

 

↓久しぶりにブラッシングさせてくれたミケちゃん。
口のあたりの違和感が分かりますか?
口の下側が涎で白っぽく濡れてます。
ご飯を少しだけ食べましたが、
口の中が痛いらしく、すぐにかきむしる仕草を・・・。
キャリーを持ってる人と連絡を取り合って
早く何とかしなければ・・・。

 

↓青空が広がり、絶好の日向ぼっこ日和。
日差しを浴びながら寛ぐシロたち。
眼は痛々しいですが、シロちゃん、
食欲はバッチリでしたのでご安心を。

 

 

 

↓ピンクの梅の花。楚々として可愛い。

 



↓今どきギンナン?

これで100円。
ギンナンアレルギーのくせに、
たまに無性に食べたくなるのです。
たくさん食べるとテキメン唇が腫れ、
肌が痒くなりますが、
数粒だったらOKなので、つい買ってしまいました。

 

↓おまけは夕ご飯。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

西東京名物。

2012-03-25 09:33:23 | 日記


今、かりんとう饅頭がブームなんですって?

近くにかりんとう饅頭にハマってる方がいらして、
先日お裾分けして頂いて初めて食べてみました。
甘さの二重奏かと思いきや、意外や意外。
じゅわ~ッとお口に拡がる黒糖?黒蜜の味に
1個で充分の筈が2個なんてぺろり。
トリコになってしまいそうです。


で、たまたま都下方面に出かけた連れ合いが
求めて来たのがこのかりんとう。
保谷にあるお店のものです。
入れ替わり立ち代り客が押し寄せ、すごい人気らしい。
あいにくかりんとう饅頭は置いてなかったそうで。

東京名物ではなく、”西”東京名物と言うところが笑えます。
左は普通の黒糖かりんとうで、右はミックス味。
ミックスの方はほうれん草、ゴボウ、カボチャ、
トウモロコシ、人参、トマト、玉ねぎ、バジル、ネギ、
胡麻、蜂蜜、蕎麦、ナツメグ、シナモン、などなど
数え切れないほどの素材が使ってあります。
お茶やコーヒーのお供にぴったりです。

 

 

↓3月に入ってパーマをかけました。
パーマをかけたのは何年ぶりでしょう。
ヘアカラーを同時にしてもらったので
髪が痛んじゃってパッサパサ。
ちょうどシャンプー剤が切れかかっていたので、
業務用のシャンプー&トリートメントに切り替えました。
美容院で譲ってもらってもいいのですが、
多分定価だろうし。(勿体無いもんネ)
で、美容院でメーカー名だけ教えてもらって、
ネットでお安く手に入れました。
使用感、なかなかいいです。

 


↓おとといのシロちゃんとブチ君。

右の眼は塞がって・・・鼻も詰まりっぱなし。
一日も早く暖かくなりますように。

 

 

↓クチバシで枯草をグイグイ。
弾力があってなかなか千切れません。
あきらめずに延々と格闘を続けるカラス君。
それをじっと見ていた私もヒマ人ですねぇ。
巣材に持ち帰りたかったのでしょうか。
 

 

↓寒がりのポパイ、私の肩に入りびたりです。
カーディガンをめくって片手で盗み撮り。
 

 

↓おまけは夕ご飯。
鴨鍋の合鴨はブラジル産。
Kさんのブログにもいつか登場してましたが、
インゲンはオマーン産です。
思いがけない国の食材が最近は当たり前のように
出回っていて驚きます。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

これ、どうやって使う?

2012-03-22 11:17:25 | 日記


皆さんは銀行の通帳はいくつぐらいお持ちですか?
公共料金や税金、カードの引き落とし、
給料や年金の振込み・・・。
たくさんあっても年取ると混乱するだけだし、
頭がしっかりしている今のうちに
スッキリさせようと思い立ちました。

思い立ったらすぐにやらなきゃ気が済まぬ。
さっそく年金の振込先をゆうちょ銀行に変更すべく
社会保険事務所に連絡すると書類を送ってくれたので、
それを持って近くの郵便局へ手続きに。

そしたら『ありがとうございま~~す』ってんで、
↓こんなものをくれました。
首に巻くのは分かりますが、
どうやって使うんでしょうね。


せっかく貰ったしぃ、と首に巻いてたら、
帰宅した連れ合いに『ムチ打ちにでもなったのか?』
と真顔で聞かれました。

フンッ。



↓さて、お次は私のタカラモノをご覧頂きましょう。
な~んだ、インコじゃん、とチラッと思ったでしょ?
思わなかった? あ、そぉ。
この子たちのツーショットを見ているだけで
幸せ感がふつふつと湧き上がってくるんですから、
私にとってはやっぱり宝ものってことよね。

いつまでも元気でいて欲しいよぉ。
元気で傍にいてくれるだけでいい。
それ以上欲しいものはないよ。←ほんとはあるけどね。

アイたんは眠くて目がトロリン。
ポパイちんはウットリンコ。
 

 

 

 
↓今、読んでいる本。
吉野せいの『土に書いた言葉』。
詩人・開拓農民であった三野混沌と結婚し、生きるために土にまみれ、
夫混沌が逝ったあと70歳を過ぎて書き始めた農婦作家の吉野せいさん。

彼女の書きたい気持ちを見抜いたのが草野心平氏で、
書けよ、と半ば命令されて書いたものに、
発表の場を与えたのが串田孫一氏という。
その串田評の『刃こぼれなどどこにもない斧で、
一度でスパッと木を割ったような、狂いのない切れ味。』
こんなに人の心を鷲掴みにする
作家がいたとは。
名前は聞いたことありますが実際に読んだのは初めて。
幼い娘を死なせた深い悲しみと喪失感を綴った『梨花』は
読みながら心が震えました。
泣きました。

すごい作家がいたものです。
 

 


↓おまけは夕ご飯。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅三昧♪

2012-03-21 09:45:45 | 日記


お彼岸の中日の昨日、
ひとりで梅の花を堪能しました。
昼間暖かい日が続いたので
あちらこちらでいっせいに
梅の花が咲き始めたようです。

清楚な花びら、馥郁とした香り♪
奥ゆかしい梅の花を眺めていると心が和みます。
自然の中でこういう贅沢なひと時が過ごせるのも
元を辿ればシロちゃんたちのおかげかな。(感謝)

↓ここはシロたちの近くにある梅林。
聞こえるのはブーンブーン・・・ミツバチの微かな羽音だけ。
蜂たち、せっせと蜜を集めてました。

 

 

 



↓風流な先客がいました。
白い猫が梅林でお散歩中。
ネコも梅見をするのかしら。
一瞬サクラちゃんかと思いましたが、
毛並みが美し過ぎる。
まさかノラじゃないわよね。

 

↓このでかいカラスのおかげで
旬の味に出会えました。
サッと通り過ぎる筈が、
あまりに大きいカラスだったので
自転車を降りて写真を撮る気に。
撮って、さあ帰ろうとしたら、
すぐ横の草むらにノビルが群生してたんです!
うわぁ、ラッキー!!
土が硬いので先っちょの丸い部分が
千切れてしまいましたが、
カラス君、君に出会ったおかげで、
ノビルの酢味噌和えが食べられますッ。
ありがとう。
 

 

↓こちらは駅近くの飲み屋の店先に生けてあった山桜。
先週はネコヤナギと桃の花だったような。
店主がお花好きなのでしょう。
いつも季節を先取りした樹や花が、
大きな壷に無造作に投げ入れてあります。
凝った飾り方じゃなく、
野趣に富んだ生け方が気に入って
よくここを通ります。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少しホッ、が 油断もならず・・・。

2012-03-20 09:38:20 | 


いえ、ミケのことなんです。
1ヶ月以上前から口の辺りがショボショボ。
毛艶も悪くパサパサで痩せてきました。
食べると痛いらしくご飯を食べない日が続き、
捕獲して病院へ連れて行こうということに。
が、動物はこういう雰囲気は敏感に察知するもので、
捕獲器を用意して待ち構えてる間は
絶対に近付こうとしませんでした。
そのうち姿を見せなくなり、心配も最高潮。

当番でもないのに、シロの帰りに
そっとミケの姿を求めて寄り道する日が続きました。
連絡ノートを見ても、登場するのはセイのみ。
ミケを見たという記載は一度だけ。

それが、土曜日に姿を見せたんです。
思わず、あらミケちゃん!!と大声で
叫んでしまいました。
ご飯は食べず、いつものように離れて
セイがガツガツ食べるのを
ジッと見てました。
でも姿を見せてくれただけでどんなに嬉しかったことか。
土曜日に引き続き日曜日も顔を見せました。
近付くと近付いた分距離を取るので、
そっとカメラを向けて・・・。

口の辺りに違和感は多少ありますが、
濡れはなくなってるような。
私が帰ったあと、カリカリを食べてるといいのですが。

以前、口内炎がひどくて
ご飯を食べられなくなった子がいました。
ご飯を食べたいのに口の中に入れただけで痛い。
猫の口内炎って結構多いらしいです。
薬を処方すると1ヶ月ぐらいは効きますが、
またぶり返す・・・。
ミケちゃん、猫エイズじゃなければいいけどなあ。


↓久しぶりに見たミケちゃん。

覇気がないですが、出て来てくれただけでひと安心。
口のあたりがしゃちほこばってます。
どんなに具合が悪くてもお行儀のいい姿を見ると
何とか病院に連れて行きたいのですが・・・。
無理強いするとそれこそ姿を消しそうな子なので
様子見が続いています。
ミケや、注射すると口が痛くなくなるんだけどねぇ。


 


↓こちらのお方はご飯だけが生きがい?

行く度にガツガツ貪り食う姿は迫力あります。
メタボ人生まっしぐらなセイちゃんですが、

この巨体で甘えまくる仕草がまたカワイくて。
 

 

↓昨日のシロちゃん。
・・・眼は相変わらずです。
なかなか暖かくならないものねぇ。

 

↓おまけは夕ご飯。
1枚目の唐揚げは連れ合いが釣ってきたヤマメ。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

花を愛でながら。

2012-03-16 22:23:40 | 日記


梅に椿にチューリップ、などなど。
いつも歩く道端に色とりどりの花々が咲き乱れて
つい、あっち きょろきょろ、こっち きょろきょろ。
シロにご飯をあげに行くだけなのに、
家を出てから帰り着くまで、
意外と時間のかかる
今日この頃でございます。

  

  

 

 

 

 

↓ムクドリの屍骸が道の端に転がってました。
ドキッ・・・。
どうしたんでしょう?
猫かカラスにやられたか、喧嘩か、病気か?
むきだしのままでは可哀相なので、
竹やぶの奥に横たえ、上から枯葉をかけましたが、
掘るものがあれば土の中に埋めてあげたかったです。(合掌)

 

↓このワンちゃんとは先週に引き続き、今日で2回目のご対面。
何と24歳という高齢。
飼い主の方が「マーちゃん、マーちゃん」と呼んでらしたので、
アタシャてっきりオスかと思って話しかけたら、
ありゃりゃ、おばあちゃん犬でした。
(昌夫さん、政雄さんというオノコ知ってるもので、つい男の子かと・・・

人間の年に換算すると100歳を超えてるそうな。
飼い主のおじいさんも結構なお年でした。
いつまでもお二人揃って仲良くお散歩できるといいな、
と願いつつ、あれこれ立ち話。
子猫も飼ってるそうで、その子の面倒もよく見る
頼もしいワンちゃんとか。
目もショボショボで、確かに年齢を感じさせます。
でもこの年になっても散歩が大好きっていいですよね。

↓首輪はピンクの毛糸で編んだもの、ハーネスもピンクの皮製。
おばあちゃんになってもお洒落なマーちゃんです。
 
↓おじいさんの犬を撫でる無骨な手を見て、ああ家族なんだなあとしみじみ・・・。

 

↓今日のシロちゃん。
鼻血、止まってました。
・・・よかった。
 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ちまちま日記。

2012-03-16 10:40:03 | 日記

 

↓チューリップの芽がちょこんと出てきました♪
去年の暮れに球根を埋めた状態で鉢ごと頂いたので、
咲くまではどんな色か分かりません。
色が不明なのもこれまたワクワク楽しみなものです。

 

↓昨日は友人のHさんが立川まで遊びに来てくれ、
お茶したり、お喋りしたり、大人の遊びで息抜きしたり。
いい気分転換になりました。
Hさん、次はリベンジよ。
また遊びましょ。

↓お土産に頂いたトマト。
カンパリトマトと言う種類ですって。
味が濃くてジューシーでした。

 

↓昨日のシロとブチ君。
シロちゃん、食欲はあるのですが、
鼻血が!!!丸い鮮血がぽた、ぽたっと。
ちょっと、いやかなり気になる・・・。

 

 

↓朝夕は風が冷たいけど・・・昼間はポカポカ陽気です。

↓波紋と戯れてるかのようなサギさん。
身ごなしの何とも優美なこと。

↓萌を待つ雑木林。

↓もう20年以上乗っている連れ合いの自転車。
今週いっぱいは交換してこれに乗ってます。

 

↓夕ご飯はイワシの塩焼きなど。
新鮮なイワシだったので残りは糠漬けにしてあります。
仕込んで中3日置くとちょうど食べ頃だそうです。

 

<<追記>>
↓夜中に新聞紙を広げてインコのシードを吹いていて、
こんな広告、見っけ!
中身を読まなくても目次だけで、
言わんとすることが分かるところがすごい。

特にインパクトの強かったサブタイトルをあげると・・・

●食べないから死ぬのではない。
『死に時』が来たから食べないのだ。

●『がん』で死ぬんじゃないよ。
『がんの治療』で死ぬんだよ。

●手遅れのがんでも苦痛なしに死ねる。

●『早期発見の不幸』 『手遅れの幸せ』

●医者にとって年寄りは大事な『飯の種』

●年寄りはどこか具合が悪いのが正常。

●最後を医者に頼るのは考えもの。

●死ぬのはがんに限る。

●解熱剤で熱を下げると治りは遅れる。

●人は生きて来たように死ぬ。etc

”死が怖くなくなる老い方!”ねぇ・・・。
最近よく見かけませんか? 
現役医師の書いた本とやらを。

何十万部も売れてるってことは、
それだけ健康や病気に悩んでる人が

多いってことでしょうね。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

摘み草デー。

2012-03-14 11:22:08 | 日記


お友だちに誘われて芥子菜摘みに。
昼間は風もなく麗かないいお天気。
絶好の散策&摘み草日和となりました。

河原の藪の中に潜むウグイスの鳴き声に耳を澄ませたり、
遠くに見える奥多摩や丹沢の山並みをぼ~っと眺めたり。

川のせせらぎを聞きながらの摘み草なんて
何年ぶりだろう。

自然の中に身を置き、ゆったり過ごしてると
ふっと田舎で暮らしていた日々が蘇ります

両親も健在で兄弟姉妹、元気いっぱいに
野山を走り回っていた頃が懐かしい・・・。

都会に住みながら摘み草が出来るなんて
考えて見れば贅沢なことよね。

今度はシャベルを持って来てね、とMさん。
うふ、次はノビル採りに出かける予定なのだ。
ノビル、これも子どもの頃、田んぼの土手で
よく採ったものです。

味噌炒めにすると美味しかった。

山菜摘みの基本をMさんに教わりました。
『根こそぎ摘み取るのではなく、必要な量だけ採る。
そうすると後から来た人も自然の恵みを楽しめるし、
また来年もその恩恵に預かれるから』 
ごもっとも。
自然を楽しむ術を知り、
大事にするMさんならではの精神だなあと納得。


↓川岸に自生するカラシ菜。滋養がありそうでしょ?

さっそく塩で揉んで即席浸けにして頂きました。

↓Mさんの庭で採れた蕗の薹と途中で摘んだ蕗の薹たち。
こちらは煮浸しに。
このほろ苦さがあとを引きます。

 

↓三寒四温とはよく言ったもの。
野も里も春に向かってまっしぐら。

↓土筆さん、こんにちは。
影がカワイくないですか。

↓天国への階段と呼ばれてるそうな?
昇ってみたいような、コワいような、ドキドキするような。

 

↓よく歩きました。
2万歩近くは歩いたか。
さすがにひと息入れましょ、
途中でお茶しながらじっくりお喋り。
年代が近いので、介護の話、夫婦の話、
老後の話、生きがいの話、などなど話題は尽きなくて。
そう言えばいつもシロちゃんとこで立ち話ばかり。
腰を据えてMさんとお話したの、初めてでした。
 


↓Mさんと別れ、暮れかけた空を眺めつつ家路を急ぎました。

 

 

 

↓昨日のシロちゃんです。
鼻をブービー鳴らしながら、
それでもちゃんと食後はお顔の手入れを。

 

 

↓おまけは夕ご飯。
下の画像の真ん中あたりにあるのが
蕗の薹の煮浸しと芥子菜の
即席漬けです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週末アラカルト。

2012-03-12 11:38:34 | 日記


東日本大震災から1年。
11日の午後2時46分。
クィの木の下に行き、黙祷。

大事な人を亡くし、家や仕事を失い、
それでも一日一日を
必死に生きてきた人たちの姿が

涙で霞んで見えました。
一日も早い復興を心よりお祈りします。

 

↓雨の日の梅。
梅の雫、梅の精という銘菓なかったかしらん。

 

↓夜中、室内に月の光が差し込んでました。
ベランダに出て見上げると・・・冴え冴えと美しいお月さま。

 

↓楽しそうにバシャバシャやってます。
普段は右隅のオチョコがポパイのバスタブですが、
今日は大浴場をご利用になってます。
 

↓どうしても後ろが気になるアイたん。
 

↓チラッ、ちら。
・・・誰かに見られてるような。
カメラ越しでも視線を感じるのね。
 

↓さっぱりした? ポパイ。
まだまだ、これからじゃい、って顔してますね。
  

 

↓今朝のご飯はリンゴ。
毎朝ご飯が出てくるのを辛抱強く待っているヒヨドリ君です。
この子が日参するようになってから果物の特売コーナーを
ウロウロするようになりました。

 

↓たまにはブチ君の画像も。
シロの画像はボケてたのでボツ。
シロちゃん、鼻グズグズがなかなか治りません。

 

↓クィの木もまだ裸のまま。

 

↓おまけは夕ご飯。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2時間ウォーキング。

2012-03-08 14:15:46 | 日記



朝刊の書籍の広告の中に
『頭のいい人はよく歩く』というタイトルの本がありました。
”物忘れが増えたと感じたら、まずはウォーキングを。
脳科学の権威が実証する、脳が若返る生活のコツ。”

ふぅ~ん、そうなんだ。
別にこれを目にしたからではありませんが、
たまたま今日は歩いてシロのところに行くハメに。
連れ合いの自転車がパンクしてしまい、
急きょ私のを貸してくれと言うので、仕方なく。

往復で2時間ほど歩きました。
普段は自転車でスイスイ通り過ぎるところも、
歩きだと新しい発見があるものです。

↓冬枯れと春の息吹を両方感じながらの散策。
 

 

 

↓カメラを持った手を前に伸ばし、
背後から撮った今日のシロちゃん。
目ヤニも皮膚のただれもしぶといです・・・。
でも一応眼が開いてるから、食欲もあるから・・・
とは思うものの、見てるだけで切なくなります。



 

↓毎朝、窓ガラスをコツコツ叩いて、ご飯の催促をするヒヨドリ君。
支柱にしがみついて室内を覗き込む姿、可愛いですよ。
こちらは今朝撮ったもの。

↓これは昨日の朝の分。
同じ子かしら?

 

↓おまけは夕ご飯。



↓山ウドとゲソの天丼。

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ポカポカ陽気とシロ。

2012-03-06 14:23:46 | 日記


ぽかぽか陽気となり、
シロたちも久しぶりに外でお食事。

↓食後、身づくろいを始めたシロちゃんを見て・・・


↓すぐに動画に切り替えました。
右手をグルグル動かして
ダイナミックに顔を洗ってます。

喉に何か詰まったような仕草も見せますが、
すぐに治まりましたのでご安心を。

 

↓梅の蕾もやっとほころび始めて。

↓画面 左寄りの枝に鳥さんが止まってるのが見えます?
スズメ? ウグイス? 遠くて分かりません。

 

↓新入りです。な~んて冗談。
逆光のせいで室内にいるように見えるでしょ?
ご飯をねだりに来た野鳥です。
物干し竿に止まってご飯が出てくるのを待ってるんです。

↓野鳥にしては随分大胆な子だこと。
ベランダの支柱にすがり付いて室内を覗き込んでます。
ポパイ、気付いてません。

 

↓おまけは夕ご飯。
牡蠣鍋にナムル、タコ酢、はんぺんサラダなど。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加