あんずのつれづれ日記

コザクラや文鳥など代々の鳥との暮らし
  &ノラちゃんとの触れ合いを綴った
   気まぐれ更新日記です。

年を取るということは・・・。

2016-10-18 08:04:01 | 日記

人生をかなり生きたという証拠は、

若い頃は何気なく見過ごしていたもの

・・・それが花であれ、夕景の景色であれ、

流れゆく川であれ、そして入道雲であれ・・・

から色々な追憶や思い出を甦らすことだろう。

          (遠藤周作氏のエッセイから)

 

 

近年、同じようなことを想います。

 

 

ということは

私もかなり生きてきたという証拠・・・。

 

 

木の実やノラちゃんを眺めつつ

あれこれもの思いにふける秋の日です。

ジャンル:
モブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足でタマを取る猫&手でポー... | トップ | 青空に映えるコスモス♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感で〜す! (rosegarden223)
2016-10-18 09:41:29
全く 私も同じ思いにとらわれます。
若い頃は見向きもしなかった色々なこと
そのそれぞれに 思いがあって 感慨にふけります。
遠藤周作 えらいですね。

歳を取ったんですね〜、知らない間に。
年を重ねるということ (chidori)
2016-10-18 10:54:19
昔の人はいいことを言っています。人の甲より年の功。顔にも体にも忍び寄ってきた年の功。でも今の自分が一番好きです。とがった角が少し取れて、どんなことでも受け入れる覚悟もできて、相反する考えの人にも なるほどさもあらん。と思える。それは周りの自然や現象にも言えますね。
歳を取ることはいいことだ…。そう思えることが歳を取ったからでしょうね。
こんにちは (のびた)
2016-10-18 15:57:39
同感 共感 実感です(笑)
感謝をすることが年々多くなりました
人に対して 花も自然も うたごえが出来る
ボランティアが出来る 健康である
この感謝が幸せの実感です
rosegarden223さん。 (あんず)
2016-10-18 17:31:02
rosegarden223さん、こんにちは。

遠藤周作さんが亡くなって
もう20年も経つのですね。

人は老いを意識して初めて
見えるようになるものがあり、
自分と向かい合えるのかも・・・。
chidoriさん。 (あんず)
2016-10-18 17:32:10
chidoriさん、こんにちは。

「今の自分が一番好き。
歳を取ることはいいことだ・・・。」
↑そう思えるって、
ちゃんと生きてきたからこそ
自然と出る言葉です。
とても素敵・・・。
のびたさん。 (あんず)
2016-10-18 17:33:17
のびたさん、こんにちは。

自分の足で歩け、
自然と触れ合える幸せ。

いろんな人に助けられ、
これまで生きて来れたのだと
しみじみ思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む