あんずのつれづれ日記。

日々のささやかなできごと&鳥や猫との暮らしを綴った
のほほん画像日記です♪

五郎丸が旅立ちました。

2017-07-10 07:48:39 | 

昨日の4時半頃、

病院の診察台の上で

五郎丸の呼吸が止まりました。

 

 

先生の予想を裏切って

7回もの胸水抜きに耐えた五郎丸・・・。

 

 

いつも大人しく抜かせてくれるのに

昨日はかなり暴れたそうです。

苦しかったんだろうなあ。

 

 

 

最後の胸水はこれまでで一番量が多く、

真っ赤で泡立っていました。

 

 

そんなに苦しいのに

昨日も指から一生懸命チュールを

舐めてくれたんですよ。

 

 

五郎丸と暮らしたのは1年5か月。

長いのか、短いのか分かりません。

確かなのは、毎日が充実していて、

とっても幸せだったということ。

 

 

いろんなことを教え、感じさせ、

そして・・・天に帰って行った五郎丸。

 

 

家の子になってくれて

ほんとにありがとうね。

 

 

しっかし、寂しい・・・。

想像を絶します。

 

 

本格的な哀しみはこれから

じわじわやって来るんでしょうね。

 

   

 

最後に、五郎丸を応援し、

心配してくださった皆さまに

心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

今日霊園に連れて行きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫外線は怖いけど(^^♪&果報... | トップ | タフなノラ猫&最後のお別れ。 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小豆ママ)
2017-07-10 07:56:19
五郎丸くんは 自分の生を
精一杯生き抜いたと思います
五郎丸くんのご冥福をお祈りいたします

あんずさん お疲れさまでした
無理されたことと思いますので
身体を労わってあげてください
よく頑張りました (しゃちくん)
2017-07-10 08:07:21
五郎丸くんにとってはやっと掴んだあんずさんとの暮らし、手放したくはなかったのですね。
胸水を抜きながらこんなにも頑張った猫は少ないと思います。

野良時代、食べられなくてうずくまっていた写真を覚えてます。2~3日もすれば草むらでひっそりと死んでいたかもしれぬ消えかかった命を、病院へ連れていってくれたお陰で救われました。

この1年5か月の五郎丸くんが飼い猫として幸せな暮らしをさせてくれたあんずさんご夫妻には感謝の気持ちでいっぱいです。

野良猫大好きな私にとってもこちらのブログを訪問するのが楽しみでした。

五郎丸くん、幸せだったね☆
五郎丸君安らかに (chidori )
2017-07-10 08:22:45
あなたは最後までこんなに愛されて、とても

幸せでしたね。

一番苦しい時、苦しみを共にしてくれた家族がいました。

抱きしめて、涙を流してくれる母さんが・父さんがいました。

そして全国から見守っている優しい人たちがいたんですよ。

今日はあなたのために祈りましょう。

どうか安らかに眠ってください。




ゴローちゃん安らかに。 (ヒノヒカリ)
2017-07-10 08:37:51
よく頑張りましたねぇ。
急に悪くなるものですね。

あのボロボロの状態で保護されて、あんずさんご夫婦にお世話してもらって、幸せだったのに・・・

でも、ゴローちゃんこの1年半、一生で一番の幸せな時間を過ごせたのですね。

あんずさん、ご苦労様でした。

五郎丸ちゃん (ふーか)
2017-07-10 09:12:38
いまはただただ涙です。。(T_T)
五郎丸ちゃん急に容態が悪くなってからの苦しく辛かった痛みから 解放されて、お空に旅立ったのですね。

失禁したというので…もしかしてと…嫌な予感がして
昨日からモワモワした気持ちでいました。

あんずさん悲しくて苦しくてお辛いとおもいますが
本当によく愛情たっぷりでお世話されていたと思います。五郎丸ちゃん幸せだったと思います。
これから時間が癒してくれるまで一緒に五郎丸ちゃんを偲んでいきましょう。。
五郎丸ちゃんの冥福を祈ります。 (キナコまま)
2017-07-10 10:13:18
さみしいでしょうね〜 しばらく。
寂しさ 伝播してます。
五郎丸ちゃん、頑張ったのね。
天国で お母さんをどうか見守ってね。
ありがとう(*^-^*) (百合子)
2017-07-10 10:50:15
うちの猫は、体調を崩してから1年近くも辛い思いをしました
五郎丸ちゃんは、早めに楽になれて良かったんだと思います
あんずさんのお蔭で、五郎丸ちゃんの晩年は
  穏やかで、安らかで、とても幸せなものでした
     五郎丸ちゃんの代わりにお礼を言います
        本当にどうも有難うございました

(五郎丸ちゃんにとっては最高の最後だったと思います。。
五郎丸ちゃんの為に、あまり悲しまないでネ。。返信は不要です)   
五郎丸ちゃん安らかに。 (はな)
2017-07-10 11:27:42
あんず家の一年半は、短くも幸せな猫生でしたね。
優しい飼い主に巡り会い、畳の上で眠り大切にされ、みんなに愛され良い生活だったですね。
あんずさんお疲れ様でした、私の猫たちの最後を想い出し泣けましたー。
寂しくなりますが、お体大事にしてください。
合掌 (どんぐり)
2017-07-10 12:26:01
五郎丸ちゃん、苦しみに、
よく耐えましたね。
十分すぎるほど、よく頑張りました。

天国へ行ったら、みんなに話してあげてネ。
『ぼく、かあさんやとうさんに、
こんなに愛されていたんだよ』って・・・。
さようなら、五郎丸ちゃん。
天国のお友達と仲良く遊んでね。
そして、お空から、かあさんやとうさんを見守っててね。

五郎丸ちゃんの事は、これから先もずーっと忘れません。
ありがとう五郎丸ちゃん。
さようなら・・・。

あんずさん、私たちは、
ただただ見守る事しか出来ずごめんなさい。
あんずさんのブログはいつも生き物たちへの愛情であふれていました。
読みにげばかりでしたが、毎日訪問するのが楽しみでした。

本当にお疲れ様でした。
今日はいっぱい泣いてくださいね。
わたしも泣きます。


Unknown (みゃー大工)
2017-07-10 13:06:09
全記事、コメント内で失禁が始まったと書かれておりましたので、
いよいよの覚悟を決めて、パソコンを見ておりました。

不治の病気は不運でしたが、
あんずさんご夫婦様に助けていただき、
猫生の最後に、最大の幸運を掴んだ猫さんだと思っております。
闘病も、ご夫婦の愛情で、よくここまで持ったとも思っております。
獣医さんの元で旅経ったのなら、
手荒な治療で苦しんだわけでもない、呼吸苦がもう限界で、抜いてからの急激な血圧の変動で、と思います。

動物の看取りはガクッとするものです、
全てを終えた後の、もう使わない品々一つ、一つにも辛いものがあります。

おりしも猛暑も始まり、
今は、あんずさんご夫婦様がとにかく体調を崩されぬことを祈っております。
まだまだ、あんずさんの優しい手を必要とする、小鳥さんや、猫さんの為にもです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事