鍵盤弾き宮野わかなの音楽生活

鍵盤弾きの日常日記

☆ 実験舞台

2017-07-16 09:26:15 | Weblog
14日 朗読とコンテンポラリーダンスによる『人間椅子』に行ってきました!
最初から10名限定とされていました。
初めの試み体験するのは、観るほうであってもワクワクします。
音楽は冒頭とエンディングで流れるのみ。
あとはダンサーと赤星さんがカフェの床や壁 カウンターをパーカッションに
に見立てて、効果音として使います。後で聴いたら即興らしいです。
ダンサーもお客様に密接にからんだりと怪しい雰囲気を作ります。

普通は自分が演者なので、客観的に見ることが出来ません。
違うアプローチではありますが、良い刺激となりました。

今回のお客様は、ダンサーの師匠の香瑠鼓さんやお仲間が多く
ダンサーばかり。終わってからは感想が飛び交い、
演出アイデアを出したりのトークセッションとなりました。

私たち「昇わの音絵噺」のスタートを思い出しました。
このネーミングもこのカフェから生まれましたし
「人間椅子」もお客様からのリクエストです。
こうやって様々なパフォーマンスに繋がるのは嬉しいですね。
今回の感想、意見を元にどのように進化するか楽しみです。



最後は、香瑠鼓さんアイデアで写真撮影。皆さんの手に注目。
パフォーマンスってどこでも誰でも出来るのね~(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ これから、、、 | トップ | ☆ 大人のピアノ発表会終了し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事