奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高田袋谷古墳群

2014年01月16日 | 古墳
高田袋谷古墳群の開口している石室
 メスリ山古墳南方の丘陵に30基以上が群集しています 撮影日;2013.12.22

 通称、墓山と呼ばれる丘陵と谷を挟んだ南側の丘陵に有ります
 墓山の尾根上に前方後円墳一基と円墳が数基並んでいます
 その南斜面に石材が露出した所がいくつか有ります

 その内の一基「14D-169」、南に開口していて奥壁部分が残っています
 朽ちた木や竹や落ち葉などが入り込んでいて、どこからが石室なのかはっきりせず、規模は定かではありません

 何とか入室は可能です
 現存する玄室部分は、長さ1.5m・幅1.5m・高さ1m程です
 墳丘ははっきりしていません

高田袋谷古墳の盗掘穴 14D-169の開口部

 すぐ西横は産廃処分場の道です
 産廃処分場が南東側(サッカー場も有ります)に広がっているため一部消滅  

★所在地;桜井市高田字墓山・袋谷
★交通;JR・近鉄桜井駅より バスで浅古下車 徒歩12分
★駐車場;墓山の北東にスペース有り
★見学; 見学自由
★問合せ;


 南側丘陵部の31号墳からは銀環・鉄釘・棗玉・須恵・黒色土器・瓦器などが出土したようです
高田袋谷墓山 高田袋谷古墳金環
  北東側から見た墓山↑         11号墳から出土した金環↑
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊丹宮古墳(仮) | トップ | 神明神社裏山古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む