奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椿井大塚山古墳

2013年10月31日 | 古墳
椿井大塚山古墳
 前方部と後円部との間にJR奈良線が通っています

 佐紀盾列古墳群から北へ5km程の所に単独で築かれています
 山城地区最大で、周濠を持たない珍しい前方後円墳です
 自然地形を利用して築かれたようです

 全長は175m(本来の大きさは不明)
 後円部は4段築製で、径110m・高さ20m
 前方部は2段築製で、長さ80m・幅76m・高さ10m

 主体部は、高野槙の割竹形木棺が納められていた竪穴式石室です
 主軸をほぼ南北にとり、長さ6.9m、幅1.1m前後、高さ約3mの規模をもちます

 副葬品は、調査前にすでに破壊されていたもう一つの埋葬施設から、40面近い中国鏡や武器・武具・農工具・漁労具などが出土しました

 築造は3世紀後半から4世紀初めと考えられています(最古級の古墳)

椿井大塚山古墳図 椿井大塚山古墳横橋脚

 幕末の絵図には、高い円墳(塚)が描かれ、「太政大臣(藤原)百川公墳」と書かれています
 石室の天井石は、山城中学校々門の南脇に移築され横たわっています 

★所在地;木津川市山城町椿井三階
★交通;JR上狛駅or棚倉駅下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;

 JRの赤レンガの橋脚を東へ抜けると、すぐ後円部への登り口が有ります
 前方部に住まれる方を中心に「椿井大塚山古墳を守る会」が結成されているそうです


 再訪;2013.11.24
椿井大塚山古墳前方部
椿井大塚山古墳前方部先端 椿井大塚山古墳橋脚
椿井大塚山古墳後円部先端 椿井大塚山古墳頂
椿井大塚山古墳後円部
『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセボ谷古墳 | トップ | 藤原百川公墓 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む