奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小川塚西古墳

2013年11月27日 | 古墳
11D-498
 巻野内石塚古墳の南東150mの所にある古墳です 撮影日;2013.11.07

 以前は6世紀頃の径35mほどの円墳と考えられていました
 遺跡地図の「11D-498」です
 測量調査によって、一辺約41mの方墳に復元できる可能性があるようです
 周囲には幅約9~14mの周濠も巡らされていたようです
 墳丘の周りはコブシ大の石が巡らされていて、葺き石が施されていたようです
 
 東側に並んで、小川塚東古墳が有ります
 もともとは2つの古墳を合わせて小川塚古墳と呼ばれていました
 墳丘は削平されていて、現状では古墳と認識できないほど表面が平坦になっています
 レーザー探査によって、径約35m程度の円墳に復元できることが判明しました
 須恵器が出ているので古墳時代後期?の古墳と推定されています

11D-497
 すぐ北側にサシコマ塚「11D-497」が有ります
 径約13mの円墳?(未調査?)

 いずれも埋葬施設など不明です 

★所在地;桜井市箸中小川
★交通;JR巻向駅下車 徒歩10分
★駐車場;なし
★見学;見学自由
★問合せ;

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芝遺跡 | トップ | 茶ノ木塚古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む