奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寺口忍海G-27号墳

2014年02月06日 | 古墳
寺口忍海G-27号墳開口部
 巨石を使った石室が開口しています 撮影日;2014.01.12

 寺口忍海古墳群G支群は42基あり、一基のみ開口しています
 G-27号墳「13D-121」は径15m程の円墳
 南斜面は崩れていますが、墳丘は比較的良好に残っています

 石室は南に開口しています(斜面の下は溜池です)
 倒木が開口部を塞ぐように覆っています
 石室の状態は良くありませんが、巨石を使ってあり、見ごたえあります

寺口忍海G-27号墳陥没穴 G-27号墳土砂流入

 石室の全長は5.85m
 玄室長4.6m・幅2.5m・高さ3.5m、羨道長1.25m・幅1.25m・高さ1.5m
 土砂が流入しているので、1mほど埋まっているようです
 袖幅は左40cm・右50cmの両袖式の横穴式石室です

 側壁には持ち送りが見られ、奥壁はほぼ垂直に積み上げられ、全体的に巨石が使われています
 築造は6世紀後半から7世紀初頭と推測されます 

G-27号墳奥壁 G-27号墳天井石

★所在地;葛城市寺口忍海
★交通;近鉄忍海駅下車 徒歩50分
★駐車場;有ります
★見学;見学自由
★問合せ;


G-27号墳墳丘
 G群は尾根上にきれいに並んで築かれていますが、G-27号墳のみ少し南に有ります

葛城山麓公園の進入路 寺口忍海古墳群G支群入口
 葛城山麓公園の進入路↑↑、管理事務所を越えると左手に小川↑↑が流れています
 その小川の左手にある尾根上を登っていくとG支群(以前は平岡西方古墳群と呼ばれていたようです)があります
 たどり着くには、途中かなりの急斜面を登らなければなりません
 G-27号墳とA-5号墳はちょっと難所ですが、チャレンジして損は無いと思います
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法林寺境内の石棺 | トップ | 寺口千塚74号墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む