奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

稗田環濠集落

2006年06月30日 | 城址
 市文化財に指定され、集落全体が濠で囲まれている形式として、その姿を今によく残しています 撮影日;2005.8.3

★所在地;大和郡山市稗田町
★交通;JR郡山駅より徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0743-52-2010(大和郡山市観光協会)

 戦国時代に、外敵から村を守る為と用水確保の為に、環濠集落が発達しました

 稗田環濠は,大和の環濠の代表例として有名で,室町時代には現在のような形になっていたと考えられています

 東西約260m,南北約260mの規模で,北東側は七曲りよばれる特異な形をしています
 西側と南側は道幅が広く、T字形に交差したり,袋小路になっていて,防御に適した構造になっています

 稗田集落に関する最も古い資料は、文安元年(1444)の「経覚私要抄」の記事で、古市胤仙が稗田の陣を敷いた事が書かれ、文明11年(1479)筒井氏が稗田を攻めて焼いています

 集落の南側に、古事記の語り部【稗田阿礼】を祀る「売太神社」が鎮座しています


 関連記事

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今井町 | トップ | 頭塔 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む