奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大納言塚

2007年06月27日 | 文化財
 秀吉の異父弟で郡山100万石の城主・豊臣秀長の墓所です 撮影日;2007.6.15

 安永6年(1777)に外廻りの塀を設けて、五輸塔を建立
 昭和50年に大和郡山市の指定文化財になっています

★所在地;大和郡山市箕山町14
★交通;近鉄郡山駅より 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;参拝自由
★問合せ;0743-52-2010(大和郡山市観光協会)

 天正13年(1585)郡山城主となった豊臣秀長は、6年後の天正19年(1591)に51 歳の若さで他界
 兄の秀吉が芦ヶ池の付近に菩提寺大光院を建立
 元和元年(1615)の豊臣家滅亡後、大光院は藤堂高虎の手によって京都大徳寺の塔頭として移築
 秀長の位牌は東光寺(現・春岳院)に託されますが、墓地は荒廃したようです
 その後、春岳院の僧・栄隆らによって五輪塔が建立されました

 表門の前に「お願い砂」といわれる、借りて帰って、願いが叶えば返しに行くという
 銅版で蓋をされた粗い砂を入れた石の入れ物が置かれています


 4月22日に『大納言秀長公御墓前祭』が開かれます
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧木村家住宅 | トップ | 味噌なめ地蔵 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む