奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

櫛山古墳

2008年04月16日 | 古墳
 普通の前方後円部にもう一つの短い突出部を付けたような特異な墳形です 撮影日;2008.4.11 

 墳丘長152mの双方中円墳

 1943年の調査で、中円部の頂上で竪穴式石室が発掘され、内部には組合せ式の長持形石棺の一部が検出されました
 後方部には埋葬施設はありませんが、祭祀施設があったようです

 築造年代は4世紀(古墳時代前期後半)

 1957年6月9日に史跡指定を受けています

★所在地;天理市柳本町
★交通;JR柳本駅より 徒歩15分
★駐車場;崇神天皇のP利用(無料)
★入場料;見学時通
★問合せ;0743-63-1001(天理市商工観光課)

 後方部の祭祀状遺構から石釧(いしくしろ)、車輪石、碧玉製腕飾類の破片、高坏や壺などの土師器が出土
 後方部の白礫が堆積した層から直弧文を着けた鍬形石形の土製品が出土


 柳本古墳群の一つで、行燈山古墳の後円部に接しています

櫛山古墳 櫛山古墳説明板

櫛山古墳後方部 櫛山古墳前方部
 再訪;2013.01.19 画像追加;2013.01.26
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与喜山暖帯林 | トップ | 大和天神山古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む