奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平野塚穴山古墳(平野五号墳)

2010年01月22日 | 古墳
 茅渟王(ちぬおう・敏達天皇の孫)の墓と考えられています 撮影日;2010.01.10 

 一辺約21m・高さ約4mの方墳

 昭和47年に行われた発掘調査で、南側に入口がある石槨の中から夾紵棺(きょうちょかん)(漆を塗った布を重ねあわせて作ったお棺)片と金環1個などが土出
 石槨は屯鶴峯付近の凝灰岩の切石を組み合わせて丁寧に作られ、漆喰も塗られていました
 内部の規模は、長さ3.05m、幅1.5m、高さ1.76m

 当時相当身分の高い貴人の墓と考えられます

 昭和49年に国の史跡に指定されています

 平野塚穴山古墳石室
 築造には唐尺が使われているらしく、7世紀後半から末頃とされます
 この古墳は昔から開口していて、江戸時代の終わりごろまでは顕宗天皇の墓といわれていました

★所在地;香芝市平野1053(正楽寺
★交通;JR志都美駅下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;外観見学自由  
★問合せ;0745-76-2001(香芝市教育委員会)

 東へ1kmほどの所に平野車塚古墳(平野1号墳)が有ります



『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石造線刻阿弥陀如来坐像 | トップ | 平野車塚古墳(平野一号墳) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む