奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

向淵さっかの古墳

2014年02月02日 | 古墳
向淵さっかの古墳奥壁
 奥壁と側壁の一部が残っています 撮影日;2014.01.11

 戒場岳から東へのびる丘陵尾根と斜面を利用して築かれています
 封土は流失していて、墳形は不明(径15mほどの円墳でしょうか?)

 石室は乱掘破壊され、付近に石材が散乱しています
 南に開口する横穴式石室のようです
 奥壁の高さ2.2m、幅1.4mほど
 右側壁が1.2mほど残っています
 石室の長さは不明
 石室の残存部分は榛原石が使われているようです

向淵さっかの古墳 向淵さっかの古墳側壁

 西方の尾根上にも石ガ散乱していますが、古墳ではないようです 
 全く道が無く、たどり着くにはGPSが必要です
 尾根沿いに有るので、近くまでたどり着ければすぐに見つかります

向淵さっかの古墳墳丘 向淵さっかの古墳石材 

★所在地;宇陀市室生向淵・榛原戒場 (N:34.33.45、W:135.59.30)
★交通;近鉄榛原駅より バスで「向渕」下車 徒歩45分
★駐車場;なし
★見学; 自己責任でお願いします
★問合せ;
 

 私は、堀越神社のある竜王ヶ渕(P有り)から、東を通る山道を南へ行って
 さっかの古墳のある尾根を探して登って行きました
 竜王ヶ渕から直接南へ登っても(かなりの急斜面覚悟なら)たどり着けるかな?

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向淵いなべ2号墳 | トップ | 犬飼明神塚古墳「大師塚古墳」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む