奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

源氏三代の墓

2008年07月20日 | 史跡
 源頼信・頼義・義家三代の墓が、通法寺跡を中心に点在しています 撮影日;2008.6.13

 【源頼義の墓】は通法寺の境内に有ります

 源頼義は源頼信の長男、永延2年(988)~承保2年(1075)

 父頼信に従い平忠常の乱を鎮圧し、早くから坂東の武士に名声を得た
 前九年の役の勝利により東国での源氏の棟梁としての地位は確固たるものとなった

 墓前の灯籠(奥の方)は、元禄15年(1702)再建の際、柳沢吉保が寄進したもの
 晩年剃髪し伊予入道と称されたそうです 

 
 【源義家の墓】

 源義家は頼義の長男、長暦3年(1039)~嘉承元年(1106)

 八幡太郎と号し
 前九年の役では父とともに安陪貞任を討ち、出羽守に任ぜられた
 後に陸奥守兼鎮守府将軍となり、後三年の役を平定

 【源頼信の墓】

 源頼信は源満仲の三男で頼光の弟、安和元年(968)~永承3年(1048)

 晩年には従四位上・河内守に任ぜられ、この壺井の里に本拠を構え土着
 河内源氏の祖となっています

★所在地;羽曳野市通法寺
★交通;近鉄上ノ太子駅より 徒歩20~25分
★駐車場;有りません
★入場料;参拝自由
★問合せ;072-958-1111(羽曳野市教育委員会)


 通法寺跡から約200mほど東の丘の上り口に「源頼信 源義家墓」の石碑が建っています
 この丘を登っていくと、頂上付近に源義家の墓があり、頼信の墓は更に数10mいったところに有ります
『大阪府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通法寺跡 | トップ | 大僧正隆光の墓 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む