奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お亀石古墳

2015年04月06日 | 古墳
お亀石古墳石棺蓋石
 露出している石棺蓋の形から付けられた名前です 撮影日;2015.03.15

 羽曳野丘陵から南東に突出した尾根の先端・標高約98mに築かれています
 1辺21mの方墳です
 葺石や貼石などの外部施設は確認されていません

お亀石古墳石棺 石棺内部

 南側に開口部が有る横口式石槨墳です
 石棺の石材は二上山産の白色凝灰岩で、羨道は花崗岩が使われています

 天井石は、かなり大きな石が使われています

お亀石古墳頂部より お亀石古墳天井石

 石棺の棺蓋には6個の縄掛突起があり、その形状が”亀”に似ているので「お亀石」と呼ばれるようになったようです

 石棺の周囲には飛鳥時代の平瓦が擁壁状に多数積まれていることが確認されています
 この瓦は、古墳の南東に位置する新堂廃寺の百済系屋瓦と共通しており、被葬者が同寺院と密接な関係にあることを裏付けています

お亀石古墳 開口部

 平成14年12月19日に、周辺の新堂廃寺・オガンジ池瓦窯跡とともに国の史跡に指定されています 

★所在地;富田林市大字中野
★交通;近鉄富田林駅下車 徒歩20分
★駐車場;無し
★見学;自由
★問合せ;


お亀石古墳説明版
『大阪府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 斑鳩文化財センター | トップ | 安福寺横穴群(玉手山横穴群) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む