奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

権現堂古墳

2008年05月14日 | 古墳
 石室は崩落をふせぐため、鉄骨で補強されています 撮影日;2008.4.22

 径約15mの円墳とされていますが
 墳丘はかなり削られて原形をとどめず、径30mほどあった可能性も有ります

 高級な鎧の挂甲、金銅製の馬具、鉄鏃の破片、多数の須恵器が出土
 築造時期は古墳時代後期、被葬者は巨勢氏の初代首長と考えられています

 1978年3月28日、県史跡に指定 

★所在地;御所市樋野権現堂109
★交通;近鉄・JR吉野口駅より 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-62-3001(御所市観光課)


 片袖式横穴式石室は羨道部は土砂で埋没、奥壁側が開口しています
 玄室長5.5m、幅2.5m、高さ2.3m、羨道幅1.7m

 玄室奥壁よりに置かれた刳抜式家形石棺は長さ2.3m、幅1.1m、蓋の高さ57cm
 左右に計4個の縄掛け突起があり、棺には赤色顔料が塗られています
 内部に石枕を作り付けてあることで有名

 墳丘や神社境内に石棺材の破片が多数あり、複数の石棺の存在が考えられるそうです


 天ノ安川神社の境内隅に有ります
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨勢寺塔跡 | トップ | 屯鶴峯(どんづるぼう) »
最近の画像もっと見る

古墳」カテゴリの最新記事