奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新沢千塚第173号墳

2012年10月24日 | 古墳
新沢千塚第173号墳

 千塚資料館の北側から登っていくと説明板が有ります 撮影日;2012.10.06

 尾根上につくられた径14mの円墳です

 173号墳「14C-106」には、半肉彫七獣帯鏡が副葬されていました
 5世紀中~後半の目立った例で、前方後円墳クラスの主要古墳の副葬品に匹敵するもので、この古墳群を性格づける特徴となっています
 126号墳とほぼ同時期か少し後に築かれたようです
 他に、鉄製武器類と木棺の上には鉄製胴甲が副葬されていました

 近くにある178号墳「14C-108」(26mx24mの円墳)は群中最大の円墳です

 埋葬施設は木棺直葬でしたが、棺は完全に腐朽し、棺上の副葬品が転落した状態で須恵器高杯などが出土しています
 棺外の墓壙西からは、F字形鏡板付轡と剣菱形杏葉の馬具が出土しています

173・178号墳説明板

★所在地;橿原市川西町外山
★交通;近鉄橿原神宮前駅より バスで「川西」下車 徒歩3分
★駐車場;有ります
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-29-5902(橿原市教育委員会 文化財課)

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新沢千塚第139号墳 | トップ | 高算堂 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む