奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

富郷陵墓参考地

2007年12月16日 | 
 地元では「岡の原」と呼ばれている、直径200m程の丘です 撮影日;2007.12.7

 岡の頂上に径30m程の円墳が在ります
 聖徳太子の皇子・山背大兄王の墓所との伝承が有り、陵墓参考地として宮内庁が管理されています

 円墳は古墳時代中期の築造と考えられています
 (山背大兄王の年代とは合いません)
 墳丘から埴輪片が採集されています

 この岡は、弥生時代後期の三井岡原遺跡です

★所在地;生駒郡斑鳩町三井
★交通;JR法隆寺駅より 徒歩30分
    バスで法起寺前下車 徒歩5分
★駐車場;有りません
★問合せ;

 400mほど北に三井瓦窯跡瓦塚古墳群が有ります

 山背大兄王は
 法輪寺法起寺を建てたとされ、太子の後継者として皇位継承をめぐり田村皇子(舒明天皇)と争いました
 皇極2年(643:大化の改新の2年前)11月に斑鳩宮が蘇我入鹿のに攻められ、太子一族は滅びています


 再訪;2014.03.16 頂上まで登ってみました
富郷陵墓参考地
 円墳は径30mの円形に囲われています 
 墳丘は高さは2mほどで径20mほどでしょうか

 墳頂に盗掘による窪みが有るようです
 ここから持ち出されたと伝えられる花崗岩の板石が、側を流れる秋葉川の橋として利用されていたことが有るようです 
富郷岡の原 
 
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笹尾古墳 | トップ | 奈良公園の鹿 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む