奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平林古墳

2010年05月14日 | 古墳
 墓地公園の一角にある国の史跡です 撮影日;2010.4.10

 全長約55m、後円部径25m、高さ4.9m、前方部幅35m、高さ5.1mの前方後円墳です
 南南東に開口する両袖型横穴式石室は玄室長5.7m、幅3.3m、高さ3.8m、羨道長8.8m、幅1.9m、高さ2m
 前庭部を合わせると、その長さは20.1mにもなります
 石室には一辺150cm程度の巨大な花崗岩が用いられています
 羨道部には組合式家形石棺の底石が残存しています

 盗掘は受けてますが、直刀、鉄鏃、鏃、鉄斧、馬具一式、金環、ガラス玉、仿製画文四仏四獣鏡、須恵器、土師器など豊富な出土品だったそうです

ライトが点く平林古墳石室 平林古墳の説明板

★所在地;葛城市兵家平林1374-1
★交通;近鉄「当麻寺」駅より バスで「如意」下車 徒歩15分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-69-3001(葛城市教育委員会事務局)

 石室は閉鎖されていますが、開口部に近づくと自動的に照明が点灯します


 桜の季節は、古墳全体が桜で覆われます
桜咲く平林古墳 平林古墳墳丘
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝・能因法師の五輪塔 | トップ | 大野寺の小糸しだれ »
最近の画像もっと見る

古墳」カテゴリの最新記事