奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豊田トンド山古墳(仮)

2015年05月10日 | 古墳
豊田トンド山古墳(仮)
 巨石を使った古墳が見つかりました 撮影日;2015.05.02

 石上神宮布留遺跡を見下ろす丘陵の頂部に築かれています
 遺跡地図の「8D-306」です
 古墳として認識さていたようですが、言い伝えや出土品に係る伝承など無かった為、今回の発掘で初めて横穴式石室が有ることが明らかになりました

 墳丘は中世に山城が築かれ、南側が大きく改変されています
 北半分の形状から、径30mほどの円墳と考えられます

豊田トンド山古墳石室 豊田トンド山古墳城遺構

 横穴式石室は南南西に開口していますが、天井石や側壁の一部は失われています
 石室全長は9.4m

 玄室は両袖式で、長さ4.9m・幅2.0m・高さ2.6m
 最大の石材は左袖石側側壁に有り、一辺3mにも及びます
 床面には30cm程度の床石が敷き詰められています
 奥壁下段の石材にベンガラにより赤彩されていました
 凝灰岩の石片が散在しており、石棺が安置されていたと考えられます

 羨道部は長さ4.5m・幅1.7m
 床にはベンガラが付着していて、鉄釘が出土しています
 木棺が追葬されていたようです

 出土遺物は須恵器・土師器・鉄鏃・太刀の破片などが有りました
 築造年代は7世紀前半と推定されています

豊田トンド山古墳出土品1 豊田トンド山古墳出土品2

 被葬者は特定できませんが、単独で高所に立地し、墳丘や石室の規模から、布留遺跡と密接に関わる有力な(物部氏?)首長層の墓と考えられます 

★所在地;天理市豊田町字中ノ谷(小字トンド山)
★交通;JR・近鉄天理駅下車 徒歩30分
★駐車場;有りません
★見学;2015.05.02 現地説明会が行われました
★問合せ;天理市教育委員会文化財課

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 史跡大安寺塔跡≪再訪≫ | トップ | 久米寺多宝塔 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む