奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中尾山古墳

2007年03月25日 | 古墳
 別名「中尾石墓」と呼ばれ、国の史跡です 撮影日;2007.3.14 関連記事

 墳丘の直径22m・高さ3.2m、全面を葺石で覆う三段構成の八角形墳です

 石槨は底石(1.7m)、天井石(1.32m)と1mを古超える花崗岩の巨石を使用し、側石、閉寒石は凝灰岩の切石を使用しているそうです
 内部はきわめて狭く、火葬骨蔵器が納められていた考えられています
 現在は天井石のみ露出しています

 築造は8世紀

★所在地;高市郡明日香村平田字中尾山
★交通;近鉄飛鳥駅より 徒歩15分
★駐車場;
★入場料;外観のみ見学自由
★問合せ;0744-54-2441(公園緑地管理財団 飛鳥管理センター)

 7世紀の天皇の陵墓が天智陵、天武陵、舒明陵などが八角形墳と思われることから
 中尾山古墳も桧隈安古岡上陵に葬られたという文武天皇陵との説が有力です


 高松塚古墳の北側丘陵地
 きれいに整備された 国営公園の中にあります


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩屋山古墳 | トップ | 飛鳥歴史公園館 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む