奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡峯古墳

2009年12月19日 | 古墳
 玄室に石棚があります 撮影日;2009.10.31 

 吉野川河成段丘の南側に位置する径約15m、高さ4.5mの円墳
 奈良県指定文化財です

 羨道は長さ2.15m、幅1.08m、高さ約1.75m
 玄門(前道)は長さ80cm
 前道の羨道面に立てて玄室を封じていたと考えられる一枚の緑泥片岩の板石が羨道部に半転倒していたそうです

 玄室は長さ約3.05m、幅約2m、高さ約2.02m

 石棚の下には奥壁に沿って緑泥片岩の組合式石棺が置かれています
 長さ167cm、幅62cm、高さ55cm
 蓋に2枚の緑泥片岩の板石を使用しているそうです

岡峯古墳石棚 岡峯古墳石室 岡峯古墳右袖部

 築造は古墳時代後期
 特に玄室に石棚を有している点は紀の川下流の岩橋千塚と同じ形式で
 古墳の多い県下でも極めて珍しいものです

 環頭・素環頭柄黒漆太刀・金環・ガラス玉・須恵器などが出土
 素環頭柄黒漆太刀の環頭部に象嵌された唐草文様は、法隆寺の平瓦に刻まれたものです
 日本最古の唐草文として重要です

★所在地;吉野郡下市町阿知賀
★交通;近鉄下市口駅下車 徒歩15分
★駐車場;数台可能
★入場料;石室内は要事前連絡
★問合せ;0747-52-1711 (下市町教育委員会)

 下市町公営住宅の敷地内に保存されています


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本若狭旌忠碑 | トップ | 谷瀬の吊橋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む