奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

谷首古墳

2008年02月15日 | 古墳
 墳丘上に八幡神社が鎮座します 撮影日;2008.2.1 

 別名「谷汲古墳」とも言われる方墳です

 墳丘一辺長(東西)35m・(南北)38m、高さ8.2m
 築造年代:6世紀末~7世紀初(古墳時代後期~終末期)
 被葬者:不明
 昭和34年に奈良県の史跡指定をうけています

 石室は、南に開口しています
 全長14.2mの両袖式横穴式石室
 玄室長6m、幅3m、高さ4.3m
 羨道長7.8m(現状は5mほど)、幅1.8m、高さ1.8m
 羨道部の天井石が1つ落ちかけています

 玄室には巨大な石材を用い、天王山古墳などと共通する面が見られます

 凝灰岩の石棺片が出土していることから石棺があったようです

★所在地;桜井市阿部802
★交通;JR桜井駅より 徒歩25分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-42-9111(桜井市観光課)

 安倍文殊院の東南、住宅地の中に有ります


 再訪;2013.05.18 

 墳頂に祀られる八幡神社の玉垣内には、天井石が露出しています
 県内でも有数の大きな石室です

 
 編集;2013.05.22
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャンボ花絵 | トップ | 吉備池廃寺 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む