奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保久良古墳

2011年03月29日 | 古墳
 建王もがり塚の言い伝えがあります 撮影日;2011.03.05

 径11.5mの円墳?です
 南に開口していますが、玄室部に盗掘穴が開いています
 石室は片袖式横穴式石室
 全長約8.5m、玄室長3.5m、幅1.3m、高さ?
 羨道長約5m、幅1.1m
 比較的小型の石材が使われています

保久良古墳開口部 保久良古墳石室内

 墳丘規模に対して非常に長い羨道部を持つことが特徴です

 斎明天皇の孫で持統天皇や太田皇女を姉に持つ建王(たけるおう)もがり塚に比定されています
 但し健王が亡くなった658年と築造時期(6世紀後半)は一致していません

保久良古墳 保久良古墳盗掘口
★所在地;吉野郡大淀町今木
★交通;JR・近鉄吉野口駅下車 徒歩20分
★駐車場;ありません
★入場料;タダです
★問合せ;0747-52-1522(大淀町教育委員会事務局)
 古墳の南側にお住まいの東山さんが、ボランティアガイドをしておられます
 関連ビデオも見せていただけます


 いまきなる おむれがうへに くもだにも しるくしたたば なにかなげかむ(斉明天皇の作)
 斉明天皇の孫・健王は生まれつき声が出せず、8歳で幼くして亡くなったと伝えられています
 健王を寵愛した女帝はその晩年、自らの墓に彼を合葬するようにと言い残したそうです
 斉明天皇の歌も、健王を失った悲しみを詠んだものだとされています
 斉明天皇の御陵は、高市郡の「越智岡」に造られ、健王もそこへ合葬されたと伝わります
 それまでに健王のなきがらを置いた「もがりの場」が、「今城谷上」に造られたと云います

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今木権現堂の石仏群 | トップ | 桃香野八幡神社社叢 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む