奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菟田野不動塚1・2号墳

2011年12月15日 | 古墳
 落書きがあるのがちょっと残念です 撮影日;2011.11.15

 1号墳は、全長50mの前方後円墳と推定されています
 後円径約21m・高約4m、前方幅約20m・長約27m・高約4.5m

不動塚1号墳玄室内部 南側に自然石を用いた右片袖式の横穴式石室が開口しています
 玄室長4.09m、高2.88m・幅2.21m、羨道長3.61m・高0.71m・幅1.48m
 巨石は使われていず奥壁側壁とも乱石積みですが見事な玄室です
 開口部は広くありませんが、玄室内は比較的広く、手前に落とし穴のように花崗岩(榛原石)の箱型石棺(長2.03m・高さ50cm・幅82cm)が有ります
 (奥壁にいくつも落書きがされています)

不動塚1号墳石室 不動塚1号墳墳丘

 2号墳はすぐ東側にあり、径12m 高3.5mの円墳です
 
不動塚2号墳開口部 

 1号墳と同様に南側に開口していますが、墳頂部が陥没しており、石室内には入れません
 横穴式石室で、組合わせ箱式石棺が確認されているようです

不動塚2号墳石室 不動塚2号墳頂くぼみ

 更に東側に3号墳(径12mの円墳)があるようです
 古墳は丘陵上に有り、たどり着くにはかなり足場が悪いです   

★所在地;宇陀市菟田野稲戸
★交通;近鉄榛原駅より バスで「古市場地蔵の辻」下車 徒歩25分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 粉川家住宅(高畑) | トップ | 細川家住宅・森家住宅 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む