奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弥宮池西1号墳

2014年01月19日 | 古墳
弥宮池西1号墳
 以前から墳丘の半分が崩れ落ちて、斜面から石棺が露出していました

 石棺は凝灰岩をくり抜いた構造で、長さ約1m・幅約50cm・高さ約40cmの小型の棺です
 横穴式石室の一部も確認され、石棺を横穴式石室に納めた構造が明らかになりました
 石棺は内側に朱が塗られていました
 町教委は「地域の豪族に仕えた官僚の墓ではないか」と話しています
 過去の調査で、石棺内部には人骨の一部があることが確認されています

弥宮池西1号墳南面 弥宮池西1号墳石棺1

弥宮池西1号墳露出石棺 弥宮池西1号石棺2 弥宮池西1号骨
 画像は葛城市歴史博物館のパネルより(2013.06.23撮影)

 弥宮池西1号墳は径約18m・高さ約3mの円墳です
 6世紀後半~7世紀初めの築造と考えられています

 調査後に転落防止の為埋め戻されています

弥宮池西1号墳現状
 行ってみました(2013.12.29) ↑↑ 現在の状況です

 弥宮池から、急な山道を西南西に昇っていくこと約15分
 弥宮池西1号墳↓墳丘に到着
弥宮池西1号墳丘 弥宮池西2号墳石材
 1号墳の崩れた斜面の反対(南)側に2号墳の石材↑ 

★所在地;葛城市太田
★交通;近鉄「磐城駅」駅より バスで「葛城消防署」下車 徒歩40分
★駐車場;なし
★問合せ;

弥宮池西古墳群位置図
 1号墳の50m程先に3号墳が有ります
 石材が数個転がっているだけです
弥宮池西3号墳 弥宮池西3号墳石材

 弥宮池の南東の小さな公園前に↓登山口が有ります
弥宮池西古墳登山道入口 弥宮池西古墳手前の木
 ほとんど道なりに昇っていくと、根元が曲がった木↑が有ります
 この木が見えたら直ぐです
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弥宮池公園 | トップ | 芦田池 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む