奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

駒帰廃寺(伝安楽寺)跡

2009年12月16日 | 史跡
 奈良時代の仏教文化について知る貴重な遺跡 撮影日;2009.10.25 

 多武峰談山神社の社家蔵の史料「宇陀旧事記」に「安楽寺、駒帰村、本尊阿弥陀如来、七堂あり」と記されているのがこの寺院遺跡のことと考えられています

 七堂伽藍が建っていたとあることから、かなり大きな規模の寺院だったと考えられています

 発掘調査で、昭和45年に瓦窯跡、昭和46年に金堂の跡と推定される西方の建物と、東方に所在するやや規模の小さい建物遺構が確認されました

 創建時の遺構と瓦窯跡が発見され、五葉複弁蓮華文丸瓦などが出土しています

★所在地;宇陀市菟田野区駒帰字トガクボ
★交通;近鉄榛原駅より バスで菟田野町下車 徒歩20分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-82-2457(宇陀市商工観光課)


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天国の井戸 | トップ | 橋本若狭旌忠碑 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む