奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かぶと塚古墳

2009年01月04日 | 古墳
 墳頂に石棺が置かれています 撮影日;2008.12.20

 全長約45m(元は50mほどあったと思われます)
 後円部径28m・高さ7.5m、前方部幅25m・高さ7.5m
 二段構築の前方後円墳です
 墳丘は周辺まで開墾によって削られ、かなり原形を損じています
 茸石らしい小礫や円筒埴輪の破片が散乱しています

 築造は5世紀末から6世紀初頭頃
 平成12年に桜井市の史跡に指定されました

★所在地;桜井市浅古兜塚1141
★交通;JR・近鉄桜井駅より 徒歩25分
    談山神社行きバスで浅古下車 徒歩2分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-42-9111(桜井市観光課)

 埋葬施設は、扁平な割石を積上げた竪穴式石室ですが崩壊しています
 石室の規模は推定で長さ約3.7m、幅1.4m

 石棺は凝灰岩をくり抜いてつくったカマボコ形で、左右に二個ずつ縄掛突起がついています
 長さ約2.1m、幅約1m、高さ約1m
 家形石棺としては野神古墳の石棺などと共に、古い型式のものです

 遺物は、碧玉製管玉・琥珀製棗玉・銀製空玉・玻披璃製小玉・鉄鏃のほか金銅装鏡板・杏葉などの馬具の破片が出土


 メスリ山古墳のすぐ東に位置しています
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池尻環濠 | トップ | 崇峻天皇陵 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む