奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

那冨山墓

2011年04月11日 | 
 聖武天皇の皇子の墓と伝わります

 大黒ヶ芝古墳とも呼ばれます 
 径が11×7.8mで高さ1.5mの円形墳です

 神亀4年(728)閏9月29日に誕生した皇子は翌年の9月、満1歳にも満たず病没
 幼くて葬儀は出なかったが、官人と畿内の百姓と全国の郡司は3日間の喪に服し、那富山に葬られたと云う

 聖武天皇の皇子(母は藤原光明氏)の名前については不明で、宮内庁では御名不詳としています
 基皇子とする説もありますが、これは室町時代に天皇の系図をまとめた『本朝皇胤紹運録』の中で“諱基王”と記されていたことによります
 「諱某王」とされていたものを誤って「諱基王」としてしまったという説があります
 
 墓の4隅に、人身獣頭の像を刻んだ石が立っています
 奈良歴史漫歩 No.041 那富山墓の隼人石 

★所在地;奈良市法蓮町字大黒ケ芝
★交通;近鉄奈良駅より バスで「黒髪奈保町」下車 徒歩5分
★駐車場;なし
★入場料;柵がめぐらされています
★問合せ;

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳生下塚穴古墳 | トップ | ベンショ塚古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む