奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

星塚1・2号墳

2009年08月22日 | 古墳
 墳丘はほとんど残っていません 撮影日;2009.8.15

 2号墳は後円部径約40mの前方後円墳でした
 後円部は墓地公園として整備され、墳頂に『星塚古墳』の石碑が建ちます

規模;総長87m、墳長39~41m、後円径約32m、前方幅約19m、長約9m

 1952年の発掘で長さ7mの横穴式石室が見つかり
 金製の耳飾りやガラス製の勾玉・丸玉・小玉・メノウ製の管玉・水晶製の三輪玉などが出土しています
 
 1983年の宅地開発で、周囲に二重の馬蹄形周濠が見つかっています
 築造はは6世紀前半・古墳時代後期のようです

 1号墳(後円部径約37m)の周濠から琴状木製品とともにマツ材の笛状木製品が出土しています
 他に類例はないそうです
笛状木製品

 1号墳が先に造られ、周濠の一部は2号墳と重なっています
発掘時の星塚古墳 2号墳石室図

★所在地;天理市二階堂上ノ庄町(中町ホシツカ)
★交通;近鉄二階堂駅下車 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由(墓地公園ですのでお静かに)
★問合せ;0743-63-1001(天理市教育委員会)


参考;天理市のページ
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水木古墳 | トップ | 二階堂石棺 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む