奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

玉手山7号墳

2015年04月09日 | 古墳
玉手山7号墳頂の石塔
 墳頂に大坂夏の陣の戦没者の供養の宝篋印塔が建っています 撮影日;2015.03.15

 安福寺の後ろにあることから後山古墳ともよばれます
 全長150mの前方後円墳です(玉手山古墳群中、最大)
 西側(安福寺にむかって)に前方部が有ります

 昭和55年に、後円部で滑石製の盒子が採集されています
 盒子は容器の事で、長さ10cm・幅8cmの小さい楕円形をしているそうです
 この出土により、この古墳は玉手山古墳群の中で、もっとも新しい前方後円墳の一つであると考えられています

7号墳墳丘 7号墳前の保存石棺と石室 

 玉手山丘陵上には、合計14基の前方後円墳と数基の円墳が南北に連なって築造されています

 1号墳は小松山古墳とも呼ばれる前方後円墳(全長110~120m)です
 後円部の頂上に大坂夏の陣で討ち死にした、徳川方の武将・奥田三郎右衛門の墓が有ります

 2号墳:前方後円墳(全長60~70m)
 現在は、古墳全体が墓地になっています

 4・5・6号墳は全長50~75mの前方後円墳でしたが消滅しています
 8号墳は全長80m、9号墳は全長65mの前方後円墳です
 10号墳( 北玉山古墳 )は全長45~55mの前方後円墳ですが消滅しています

7号墳前の石棺 7号墳前の石室 

 7号墳の後円部から南に下りたところに、玉手山古墳群出土の石室や石棺の展示されています

 竪穴式石室は、消滅した6号墳の石室のようです
 組合式家形石棺は東ワカ山古墳(?)の石室にあったもので、蓋石には退化した縄掛け突起が有ります

7号墳前の大阪夏の陣古戦場跡 7号墳横の芭蕉句碑 

★所在地;柏原市玉手町7-1(玉手山公園内)
★交通;近鉄河内国分寺駅下車 徒歩20分
★駐車場;玉手山公園南入口に有ります(無料)
★見学 入場料;タダです
★休園日;毎週水曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
★開園時間;9:00~17:00
★問合せ;

『大阪府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安福寺の割竹形彫文石棺蓋 | トップ | 石打城址 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む