奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高取城跡

2006年07月03日 | 城址
 高取山(583.3m)山頂に築かれた典型的な山城(日本三大山城の一つ) 撮影日;2005.11.27 

■別名:越智城
 元弘2年(1332)南北朝時代、大和高市の豪族・越智氏が、高取山の頂に砦のような城【かきあげ城】を築いたのが始め

■別名:芙蓉城
 郡山城の控えの城として、最後の一戦を決すべき拠点とし、天正13年(1585)大和郡山城主「豊臣秀長」の重臣「本多太郎佐衛門」が、天守閣・石塁など本格的な築城が進められた
 
 寛永17年(1640)幕府大番頭「植村家政」が高取藩主となり、以後14代228年、植村家が藩主となる

■国の史跡
 明治4年廃城、昭和28年に指定
 
猿石
 二ノ門外にあり、制作は飛鳥時代(7世紀)
 高取城築城の際、石垣に転用するために明日香から運ばれたと言われている
 郭内と城内の境目を示す「結界石」とした説もある
 
■関連寺社
 八幡神社子嶋寺宗泉寺など

★所在地;高市郡高取町高取
★交通;近鉄壺阪山駅より
    バスで 壺阪寺 前下車 徒歩60分
★駐車場;有りません(路上に10台ほど可能)
★入場料;見学自由
★問合せ;高取町役場 TEL、0744-52-3334


 参考;高取町役場のホームページより


 2009.10.31 再訪
 

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭塔 | トップ | ウワナベ古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む