奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三陵墓古墳群史跡公園

2007年05月24日 | 古墳
 西と東古墳は墳丘が復元され、公園として整備されています 撮影日;2007.5.8

 三つの古墳が鼎のようにかたまっているので三陵墓と呼ばれます

★所在地;奈良市都祁南之庄町1581
★交通;近鉄榛原駅より
    針インター行きバスで南之庄東口下車 徒歩2分
★駐車場;有り(無料)
★入場料;見学自由
★問合せ;0743-82-0201(都祁行政センター)

 【東古墳】
 
 墳丘長110m、後円部径72m、前方部長39m、前方部幅50mの前方後円墳
 大和高原において、最大級の古墳
 94年に県史跡に指定
 明治時代の盗掘で、埋葬施設から、銅鏡・玉類・鉄製の武器・工具などが多数出土したと伝えられます
 遺物は行方不明
 出土品から、埋葬者は5世紀後半の国造クラスの有力者と考えられています

 【西古墳】(1枚目の写真)
 東古墳と同じく、都介野岳から延びる尾根の北端を利用して築かれた円墳
 直径40m、高さ5mで、円墳としては宇陀を含めても最大
 墳頂の平坦面(直径14m)には60個あまりの円筒埴輪が並べられていたが、 90個ほどが復元されている
 96年に県史跡に指定、築造は5世紀前半頃

 【南古墳】

 直径16mの円墳
 未調査の為、築造年代なども不明
 現在は神社の社地です
 墳頂に祠が有ります


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休んば | トップ | 山添村ふるさとセンター »
最近の画像もっと見る

あわせて読む