奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鑑真和上御廟

2008年11月30日 | 碑・塚
 御廟前にはとてもきれいな苔の絨毯が広がります 撮影日;2008.10.29

 唐招提寺境内・北東隅の土塀内にある方状墳です
 中心に鎌倉時代の宝篋印塔が建てられています 

 開山鑑真和上の墓所です 

★所在地;奈良市五条町13-46
★交通;近鉄西ノ京駅下車 徒歩10分
★駐車場;120台(有料)
★入場料;600円
★拝観時間;8:30~17:00
★問合せ;0742-33-7900

 【鑑真和上】(688~763)
 唐の揚州に生まれ、14歳で出家
 洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されました
 天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた留学僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意
 その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を消失
 天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本の地を踏まれました。
 以後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされ、天皇を始めとする多くの人々に授戒をされました
 渡航の様子は、「東征伝絵巻」(重文)に描かれています



『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東大寺・俊乗堂 | トップ | 十市城跡 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む