奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まるこ山古墳

2012年05月19日 | 古墳
まるこ山古墳
 田んぼの中に残っている古墳です 撮影日;2012.05.13

 遺跡地図の「11C-8」です
 元は、西面する全長30m程の小型の前方後円墳でした
 現状は、後円部が径11mほどの円墳状をなして残っています

 周濠が有ったことが確認されています(幅5mほど)
 埴輪(円筒・朝顔・家・靫・人物・武人・鶏・蓋) が出土しています
 また、弥生時代の土師器・須恵器の他、瓦器や瓦質土器なども出土しています

 築造は古墳時代後期です

 復元値は後円部径約24.5m・くびれ部幅10.2m程、前方部長は8m
 墳長は30.5m程、周濠を含めた全長は41m程

 曽我川と葛城川に挟まれた地で、二上山・葛城山・金剛山がよく見える所です  

★所在地;北葛城郡広陵町大字広瀬(字マンガ)1259
★交通;近鉄田原本駅下車 徒歩50分
★駐車場;なし
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-55-1001(広陵町教育委員会)



発掘調査位置図 発掘航空写真
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒナコノ塚「姫塚」 | トップ | クノギ古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む