奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こうぜ古墳

2012年03月06日 | 古墳
右奥の丘陵に「こうぜ古墳」が有る

 二つの石室が隣接して開口しています 撮影日;2012.03.03

 尾根の先端に直行して築かれている全長約50mの前方後円墳です
  
 後円部に西石室が開口
 (西石室は、元は秋殿東古墳と呼ばれ径30m程の円墳と考えられていました)
 両袖式の横穴式石室です(全長10.9m)
 玄室長5.4m・幅2.6~2.9m・高さ2.6m、羨道長5.5m・幅1.2mほど・高さ50cm
 (土砂で下部が埋まっており、入室しづらいです)

こうぜ古墳西石室 こうぜ古墳西石室の羨道

 前方部に東石室が開口
 両袖式の横穴式石室(全長9.9m)
 玄室長4.7m・幅2.3~2.5m・高約さ2.5m、羨道長5.2m・幅1.4mほど、高さ約80cm
 石材は西石室に対して小ぶりですが、部分的には巨石も使われています

こうぜ古墳東石室 こうぜ古墳東石室の羨道

 築造は、ともに6世紀後半と考えられています
 出土遺物の報告は無いようです
 
 この前方後円墳はこうぜ1号墳と呼ばれ、南東裾と南西裾に小円墳が有ります
 3基合わせて、こうぜ古墳群とされます

こうぜ古墳東石室の玄室 南東側の小円墳:墳頂は窪んでいました

★所在地;桜井市浅古
★交通;近鉄桜井駅より バスで「浅古」下車 徒歩5分
★駐車場;なし
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-42-9111(桜井市観光課)

 秋殿南古墳のすぐ東丘陵上に有ります
 (南古墳の説明板の東に小さな墓地が二つ見えますので、間を通って登っていき、南側へ回り込むとすぐに西石室が見えます)

 
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芳山二面石仏 | トップ | 下り尾四ツ辻古墳(仮) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む