奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長瀬薮1号墳

2012年01月10日 | 古墳
 米川(よねがわ)の東側の竹薮の中に有る古墳です 撮影日;2012.01.08

 高家古墳群(以前は長瀬薮古墳群と呼ばれていました)の盟主的な古墳です
 一辺14m・高さ約4mの方墳です

 石室は西側に開口しています
 全長10.9m、玄室長約6m・幅約2.45m・現状高2.4m
 羨道部長4.9m・幅約1.37m・高さ約1m
 石室内には、かなり土砂が流入していて開口部の高さは50cmほどしかありません 

 築造年代は6世紀の後半

長瀬薮1号墳開口部 長瀬薮1号墳墳丘 長瀬薮古墳群の一つ

★所在地;桜井市高家
★交通;近鉄橿原神宮前駅より バスで「八釣」下車 徒歩30分
★駐車場;なし
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-42-9111(桜井市教育委員会)

 近くに平野古墳も有ります



 『高家古墳群』は、100基ほどの横穴式石室墳の群集墳です 
 1993・94年に土地区画整備事業に伴う発掘調査(長瀬薮古墳群の東側)が行われました 
 水田下に埋没した27基の古墳が見つかっています
 築造は6世紀末~7世紀中葉のものがもっとも多く見つかっていますが、一部7世紀後半の古墳も含まれています
 水田の造成で天井石が失われていましたが、殆ど径10m前後の円墳です
 出土品は土器の他、木棺に使われていた鉄釘が一番多く、他には耳環・鉄刀・棺座金具などが見つかっています
 調査後、殆ど埋め戻されました

高家古墳群
 高家は、飛鳥・藤原京から近く、都の官人層や安部寺との関連が指摘され、阿部氏の奥津城とも言われています

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良県最古の道標 | トップ | 高家春日神社古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む