奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

只塚廃寺跡

2011年08月02日 | 古跡
 かつては古墳と思われていました 撮影日;2011.07.23

 首子七塚と呼ばれていた首子古墳群のなかで「只塚」と呼ばれていた小塚です
 首子の7号墳として遺跡地図にも載っていました

 国道165号バイバスが只塚のすぐ西側を通ることになり
 昭和60年に、事前調査され川原式軒瓦、復弁八葉蓮華文などの瓦や垂木先瓦などが出土しました
 白鳳時代に創建された仏堂の基壇である可能性が強いとされました
 さらに平成7年の調査で、現状のように積み上げられたのは近世以降と推定され
 盛土を取り除くと礎石が発見されました
 当初は仏堂の基壇であったと断定されました

 平成8年に県の史跡に指定されています

 基壇の一辺は約10mで、礎石・井戸・溝・掘立柱建物の跡が検出されています
 遺物として屋瓦・石仏・須恵・土師
 
 只塚廃寺跡出土?
 十二尊連坐塼仏と石製菩薩立像頭部

★所在地;葛城市染野(字只塚)741
★交通;近鉄当麻寺駅下車 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)


 首子塚櫟山古墳
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火振山古墳 | トップ | ふたかみ文化センターの石棺 »
最近の画像もっと見る

古跡」カテゴリの最新記事