奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石造線刻阿弥陀如来坐像

2010年01月21日 | 石造物
 石棺の棺台石に彫られているようです 撮影日;2010.1.10

 「正楽寺」の境内に上がって左手「平野塚穴山古墳」の手前に有ります
 コンクリート製の覆屋の中に祀られ、板状の凝灰岩(高さ230.0cm、幅95.0cm、厚さ15.5cm)に、阿弥陀如来坐像を浅く線刻されています
 像高は125.5cm

 銘文は記されていませんが、緩やかに波打つ線条は優美で、平安時代後期頃の特色が有ります
 香芝市で同時期の石仏は他に類例がないそうです

 市指定第1号の有形文化財(彫刻)平成6年3月29日指定

★所在地;香芝市平野1053
★交通;JR志都美駅下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-76-2001(香芝市教育委員会)


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畠田古墳 | トップ | 平野塚穴山古墳(平野五号墳) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む