奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

与楽鑵子塚古墳

2009年09月21日 | 古墳
 開口部はかなり高い場所に有ります 撮影日;2009.9.7

 貝吹山の南西丘陵に位置する、径24m・高さ7mの円墳です

 南に開口した片袖式の横穴式石室が確認されています
 玄室天井部が高いドーム型の断面形状の古墳です
 羨道部が短いのも特徴
 玄室の長さ4.15m・幅3.15m・高さ4.5m以上、羨道部の長さ2m以上・幅1.4はm・高さは1.4m以上

 発掘未調査のため、出土品などは確認されていません

 きわめて高い玄室を有する特徴が指摘されており、南200mの所にあるカンジョ古墳と同様
 強力な権力を持った氏族の墳墓であると考えられます

 築造時期は6世紀後半の早い時期のようです 

★所在地;高市郡高取町与楽
★交通;近鉄飛鳥駅より 徒歩30分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-52-3334(高取町役場)



与楽鑵子塚古墳開口部 与楽鑵子塚古墳説明板
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与楽カンジョ古墳 | トップ | 貝吹山城跡 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む