奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文殊院・東古墳

2013年06月04日 | 古墳
東古墳
 古来から閼伽井窟と呼ばれています 撮影日;2013.05.18

 文殊院西古墳の東100mの所に有り、丘陵南斜面に石室が露出しています
 本来の墳形は不明ですが、一辺15~20mの方墳の可能性が考えられています

 石室全長は10.3m
 表面の凸凹した巨石を積んでいます

 玄室長4.8m・幅2.2m・高さ2.4m
 奥は2石積み、左壁は下段2石・中段4石・上段小石を積み、右壁は下段3石・中段2石・上段3石です

 羨道は現状5.5m、途中で破壊されているため本来はもっと長かったようです
 幅1.8m・高さ1.7mで、左壁は3石残っています
 玄門部は立石1段で、その先は2段積みになります
 玄室部に比べ羨道部の石材はいずれもていねいに表面が研磨され、切石技法によると考えられます

 出土品は知られていません
 石室の構造から谷首古墳より新しく、艸墓古墳より古く位置付けられています
 7世紀前半代の築造と推定されています

東古墳石室内

 石室内には石仏2体と、何故か狸の置物が1体置かれています

★所在地;桜井市阿部645 (安倍文殊院境内)
★交通;近鉄桜井駅より バスで「安倍文殊院前」下車 
★駐車場; 有ります(普通車:500円)
★入場料; 見学自由
★問合せ;

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文殊院・西古墳 | トップ | 吐山の左巻榧 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事