奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北今市古墳群

2012年09月13日 | 古墳
北今市1号墳移築石棺
 馬見丘陵公園に1号墳と2号墳の石棺が保存されています 撮影日;2012.09.01

 葛下川西岸の南から北へのびる低い丘陵上に3基(北今市1~3号墳)の古墳が築かれていました
 古墳時代後期の古墳群です
 
 中和幹線(桜井市から香芝市田尻に至る)の建設に伴い、平成17年に発掘調査されました
 参照;北今市古墳群 現地説明会資料資料(2005年9月4日)

 1号墳「10C-8」は径20mの円墳です
 主体部は南南東に開口する小型の石材で築かれた横穴式石室です
 全長11m、玄室長5m・幅1.6m・高さ2.8m、羨道長6m・幅0.9mの両袖式横穴式石室
 羨道の前には墓道があり、排水溝が設けられていました
 玄室内に凝灰岩製の組合せ式家形石棺が2つ南北に並んで納められていました
 鉄刀・金銅製単鳳環頭・馬具破片・多量の須恵期類が出土
 墳丘北西裾から年代の古い円筒埴輪棺が出土し、既存の古墳を破壊して築造された可能性があります

説明板 1号墳

 2号墳「10C-6」は1辺15mの方墳です
 3基中最も新しく、凝灰岩製の組合せ式家形石棺を2基直葬していました
 北棺はすでに破壊されていましたが、南棺は未盗掘で完存していました
 蓋石は3枚からなりますが、形状が不揃いで、石材を寄せ集めて造られた印象です。 熟年男性と4~5歳児の2体分の人骨が遺存していました

 3号墳「10C-7」は2号墳と一部周溝を共有する径10mの円墳です
 南南西に横穴式石室が開口
 全長4m、幅1.1m・高さ1.5m、床面に礫を敷き詰め、石室前に墓道が続いています
 遺物はほとんど残っていませんでした 

北今市2号墳移築石棺はベンチにされています

★所在地;香芝市北今市3丁目 MAP
★交通;近鉄下田駅またはJR香芝駅下車 徒歩10分
★駐車場;なし
★問合せ;


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モエサシ3号墳 | トップ | 佐味田石塚古墳群 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む