奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二塚古墳

2007年10月25日 | 古墳
 ここからの眺めは最高ですよ^^ 撮影日;2007.10.12

 別名を『銭取塚』とも言われる、前方後円墳です

 全長60m、後円部径36m、前方部幅41m、高さは前方部、後円部ともに10m
 築造は古墳時代後期中ごろ(6世紀中ごろ)のようです

 この古墳の最大の特徴は、横穴式石室が1つの古墳に3基も造られていることです

 古くから後円部に横穴式石室が開口していましたが
 昭和33年の発掘調査で前方部、造り出し部分にも横穴式石室が発見されました

 後円部の石室は全長16.4m、玄室長6.7m、幅3m、高さ4.1m、
 羨道長9.68m、幅1.73m、高さ2.65mの両袖式
 造り出し部分の石室は全長7.82m、玄室長4.48m、幅1.35m、高さ1.26m、
 羨道長3.34m、幅1.32m、高さ1.26m
 玄室に比べて、羨道部分の床面が0.9m高い、竪穴系横口式石室で珍しい
 前方部の石室は全長9m、玄室長3.9m、幅1.7m、高さ1.9m、
 羨道長5.1m、幅1.4m、高さ1.5mの片袖式

 玄室内には凝灰岩の組合式石棺がありましたが、現在は棺底のみあります

★所在地;葛城市寺口
★交通;近鉄新庄駅より徒歩25分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-48-2811(葛城市観光協会)


 2012.01.14 再訪しました
後円部の開口部 後円部石室は鍵がかかっていて入れません
前方部の開口部 前方部の石室
造り出し部分の開口部 造り出し部分の石室
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村井家住宅 | トップ | 飯豊天皇陵(北花内大塚古墳) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事