奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東大寺山古墳

2007年12月26日 | 古墳
 かつて東大寺の社領であった小高い丘陵にあります 撮影日;2007.12.14

 全長140m、後円部径84m、前方部幅50m、高さ15mの前方後円墳
 竹林造成のため変形しています

 築造時期;古墳時代前期(4世紀中頃~後半)

★所在地;天理市櫟本町北高塚
★交通;JR櫟本駅より 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由(外観のみ)
★問合せ;0743-63-5779(天理市教育委員会)

☆埋葬施設
 1961年の発掘調査で
 後円部中央に長さ12m、幅8mの墓壙があり、底に排水溝を設けています
 砂利の上に 全長7.4mと推定される割竹形木棺を安置した粘土槨が検出されています
 埋葬施設の周りに、家形、楯形、蓋形などの埴輪が置かれていたようです

☆遺物
 木棺の副葬品は豪華で大量に出土しました
 27点の鍬形石、26点の車輪石、石釧、40点以上の鏃形石製品などの腕飾り、硬玉製勾玉、棗玉、碧玉製管玉などの頸飾り、坩形石製品等々
 棺外からは、銅鏃、巴形銅器、刀剣類
 鉄刀20振、鉄剣9口のうち、5振の銅製装飾環頭太刀と7振の鉄製素環頭太刀は注目されています


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤土山古墳 | トップ | 石上大塚古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む