奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊丹宮古墳(仮)

2014年01月15日 | 古墳
14B-184開口部
 無名墳ですが、巨石を使った石室が有ります 撮影日;2013.12.22

 近接して3基の古墳が築かれています
 こうぜ古墳の東約150m・小さな谷を2つ挟んだ尾根の先端部付近に在ります
 
 遺跡地図の「14B-184」は、径11mの円墳です
 墳丘は残っていますが、封土はかなり崩れています

14B-184墳丘 14B-184奥壁 

 南に開口する横穴式石室が有ります
 巨石を使った見ごたえある石室です
 玄室は長さ4m・幅2m・高さ3mほど
 羨道部は幅1.2m・高さ50cmほど、長さ不明
 天井石は1枚で、とにかくでかい石です

14B-184袖部 14B-184天井石 

 すぐ東側に、径1.5mほどの円形の穴が有ります
 これも古墳でしょうか?

 尾根の先端部にも石室が開口する古墳「14B-247」が有ります
 開口部は非常に狭く、内部の様子は分かりませんでしたが、立派な石室が残っているようです

14B-247墳丘 14B-247開口部 14B-247石室内

 いずれも調査はされていないようです
 遺物の報告もありませんが、7世紀初め頃の築造でしょう

★所在地;桜井市浅古字伊丹宮
★交通;JR・近鉄桜井駅より バスで浅古下車 徒歩8分
★駐車場;なし
★見学; 自己責任で
★問合せ;

 ものすごい薮で、たどり着くのはたいへんでした


 秋殿古墳群(秋殿南古墳こうぜ古墳)東側、舞谷古墳群の西側に有ります
伊丹宮古墳 伊丹宮古墳遠景
     ↑南から↑                   ↑西から↑
 ≪行き方≫
 桜井中学校の北側の尾根先端に小さな小屋が見えます
 伊丹宮古墳(仮)は尾根の西側に有りますが、現状ものすごい笹薮で侵入は難しいです
 小屋の裏を通って、尾根の東側に回ると、何とか尾根に登っていける場所が有ります
 登るとすぐ「14B-247」です
 墳丘を乗り越えて、左手の斜面を下っていくと小さな墳丘が見えます
 (狩猟対象地区なので、見学はじゅうぶんに注意が必要です)
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木津総墓五輪塔 | トップ | 高田袋谷古墳群 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む